So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

前の3件 | -

「わたしが悲しくないのはあなたが遠いから」イースト版を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_535d.jpg
フェスティバル/トーキョー17主催プログラム『わたしが悲しくないのはあなたが遠いから』
https://www.ft-wkat.com
これは距離についての演劇。
かつては近く、今は遠くなってしまった、友人関係の物語。
離れたものを思い続けるのは、難しい。でも、ない、わけではない。
それは、幽霊のように、常に隣に、ある、のではないか。
本作は東日本大震災の自身の体験がきっかけになっています。
幸いにも僕はまだ死んでいません。
悲劇に遭遇したこともありません。
そんな僕の隣に何があるのか、そんなことを考えました。
台湾との共同制作は幸運な偶然でした。
本作は偶然を積極的に取り入れようとしています。
偶然に身を任せることが、自分を遠くへと誘う近道だから。
どちらも海で隔てられた小さな島。時差は1時間。
この物語も1時間の音楽と共に上演される予定です。

誰も同時に観ることは叶わない演劇。僕も楽しみです。

評価は、星4つです。
★★★★☆
2jCWTH75R6iApopzudjXYQ_thumb_5368.jpg
二つの隣り合う劇場を使用するので、劇場入り口が二つに分かれていました。
まるで空港のロビーみたいに。

p5dWkj%JTW6ekNY9Ep85KA_thumb_534e.jpg
観劇前には気が付きませんでしたが、
観劇後には私たちも一緒に旅をしたのだと分かりますね。

まずウエストではどんな感じだったのか気になる…
そしてこの当事者でない感がリアル。
ずっと私が思っていたことと合致。
ラストに貰い泣きした。

僕らは生まれた時に既に壁の向こう側に居て、
壁の向こう側は分からないのだ。

被害者にしか分からない気持ち。
当事者でない者が想像して寄り添っても、それは部外者の我儘である。
だからといって見て見ぬ振りは出来ず、想像しないよりはした方がマシであり、
それがジレンマなのだ。

言葉に出来ない感想しかなく、ただ感じるままの演劇でした。
そして観劇後には考えることになる。
とても素晴らしかった。

ただ壁の向こう側には同じ人がいると思うだけでいいんだと思う。
当事者と同じにはなれないのだから。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

三度目の思春期「女ばかり」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_535c.jpg
pbbapbba

昭和五十四年十月

秤屋と呼ばれる素封家一族の家長が死んだ
代議士として活躍し
地元に絶大的な影響力を持っていた家長を失い
途方にくれる秤屋の女たち
ある者は家を去る決意をし
ある者は乗っ取りを企み
ある者は家長の跡を継ぐべく選挙に出るか悩む

そんな初七日の日
整理していた遺品の中から一枚の写真が見つかる

心が揺れてざわめく女ばかりの
可笑しくてやがて哀しき愛憎の顛末記

評価は、星4つです。
★★★★☆

初めての団体でした。
前から十七戦地の脚本演出家さんが参加していたので、興味あって今回見に行った次第です。
面白かった。
会場が民家なギャラリーで、会場に靴を脱いで座敷で見るわけですが、
劇中と同じ初七日法要に参加して、その裏側を覗いた感じを受けました。
程よい論争や現場を再現する手法は流石の面白さ。
拗らせ三姉妹もよかった(笑)

ちょうど選挙期間中に当たって、
劇中の政治家に何を求めるか、何を期待しているかを有権者として考えてしまう。
まだ利益誘導ならよいが自己保身で党を移るのはご法度だよね。
登場人物それぞれが腹に一物持った具合がよかった。

そして鰻を食べたくなるね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

麺屋 葵にて、特製鴨出汁らーめん(白・白醤油ベース)、自家製焼餃子3個を食す [雑記]

2017-10-15T18:44:07.jpg2017-10-15T18:44:07.jpg
駅から徒歩15分ほどの国道沿いにあるラーメン屋です。
スナック店の一角にあります。

店内はとても明るくきれいですね。
券売機方式でなく、店員さんに注文を伝えて、
食後に清算する方式です。

L字カウンター席が6席くらいかな。
あとはテーブル席が3卓ほどですかね。

メニューは鴨出汁らーめんがあり、
黒と白から選べます。
私は鴨出汁を味わえるという白・白醤油ベースにしました。

あとはつけ麺と油そばがあります。
そちらにはカレー味がありました。

自家製焼餃子は3個と6個から選べます。
3個を注文しました。

ご飯ものは鴨チャーシュー丼があり、
あと鴨ハツ丼もあって興味をそそられました。
カレーもあったな。
アルコールも瓶ビールとハイボール、チューハイありました。
今回は我慢(笑)


特製鴨出汁らーめん(白・白醤油ベース)です。
特製部分は玉子と鴨チャーシュー2枚と豚チャーシュー1枚追加ですね。
透明なスープにネギと鴨チャーシューが浮いていて、まさにカモネギ!(笑)

スープは鴨出汁を感じる旨味満点です。
麺は中太麺で柔らかめでスープとよく絡みます。
豚のと鴨チャーシューは両方とも旨味があってうまい。
特に豚チャーシューがいい!

特製餃子は肉汁タップリで醤油をつけなくても美味いです。

次は黒を試したい。
鴨出汁とは面白いラーメン屋さんを開拓しました(^^)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の3件 | -

スポンサーリンク