So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

ぼく、牧水! 歌人に学ぶ「まろび」の美学 著者:伊藤一彦/堺雅人 を読んで [本]

R0010006.jpg
堺雅人、恩師・伊藤一彦に個人授業を受けに行く!
明治〜昭和に8700の歌を残した牧水。
激しい恋、旅、酒・・・彼の生涯を貫く「なまくら感」「あくがれ」をキーワードに、酒を飲みながら生き方、表現哲学を語り合う師弟問答書。

若山牧水をメインの話におきながら、
伊藤先生と教え子の堺雅人さんの飲みながらの若山牧水話が、
時には脱線して語られていく。

若山牧水の歌を解説をもらって読むと、
歌の解釈がさらに広がり、
とても気持ちいいものであると感じた。

堺雅人さんの高校時代や文章に対する思い、
舞台や役者論まで話が及んで、
堺雅人さんファンには買って損はないと思います。

この本を読んでから、
あくがれというか憧れという言葉を
よく使うようになったのは秘密です(;^ω^)






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク