So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」を観て [アニメ]

IMG_0270.jpg
機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

足かけ5年にわたる機動戦士ガンダムUCの最終章です。
舞台挨拶の回のチケットをとれたので、
最後を飾るには素晴らしい感じ。
しかし始発で新宿で映画館に並ぶが、
既に先客が数百人…
みんな限定版のBlu-rayとプラモデルるを買い求めに来たようです。

無事に限定版のBlu-rayとプラモデルは買えました。

舞台挨拶は上映後なのでまずは最終章を見ました。

まずepisode EX「百年の孤独」の上映からスタート。
これまた濃い。
30分弱だったそうですが体感的には一時間くらいに感じました。
映像の行間を知っているだけに想像力でお腹いっぱいです。

そしてepisode 7「虹の彼方に」の開始です。
暗黒面に落ちたりディとバナージのユニコーンガンダム同士の闘い。
そしてモビルスーツのオンパレード。

ユニコーンガンダムのシールド無双。
正直、シールドを使うならユニコーンガンダムに、
ニューガンダムのフィンファンネルを装備させた方が、
説得力があったかなと思ったり。

しかしガンダムUCの本編に逆襲のシャアとかのシーンが、
割り込んでくるとは驚きました。

そしてまさかのララァとアムロの声を聞けるとは。
フル・フロンタルはシャアの器になっていたのですね。
本当にシャアの再来とは。

そして未来を託した若者が取った選択。
けどその後30年でF91、さらに20年でVガンダムと、
ジオンはなくなったが、それに代わるスペースノイドの反乱が続くわけで、
どうにも人には絶望してしまったシャアの気持ちになれます。

舞台挨拶では、池田秀一さんが感極まってしまって、
挨拶の声が涙声になったりと凄い舞台挨拶の回でした。
30年前に初代ガンダムの劇場版以来の舞台挨拶であり、
そうした背景もあって感極まったようです。
舞台ではララァ役の潘恵子さんがゲストで登壇。
華を添えてくれました。

IMG_0318.jpg
最後のBlu-rayに付いていたフィルムはブライトさんでした。
ニュータイプを見続けてきた男がラストとは。


機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 (初回限定版) [Blu-ray]

機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 (初回限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク