So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

MacOS X Yosemiteをクリーンインストールしてみた [パソコン・ネット]

Mac mini(Late2012)を利用しています。
その前はMacBookにMacBook Airでした。
MacOSはSnow Leopardからのアップデートの年代物でした。
過去に一度もクリーンインストールしてみたことはないので、
不安でしたが、結果としてクリーンインストールしてみてよかったです。

手順は以下のようにしました。
①Mac miniをYosemiteにアップデート。
(既にアップデートしてYosemiteの方は②に進む)

②Time Machineでバックアップ。
暗号化のオプションをつける。
iOS8と同じで暗号化をしておけば、
パスワード系も復元されるはずと信じていますが、、
Wi-Fiの場合はSSIDやパスワードをメモっておくとよいかも。
あとでWi-Fi接続が必要になるので。

③電源をOFFにして、
電源をONにする際に、Command + R を押しながら起動する。
(ディスクユーティリティやOS X を再インストールが選択される画面が出るまで、
押している)

④ディスクユーティリティを選択して、メインのHDDを消去する。

⑤OS X を再インストールを選択して再インストールする。
(ネットワーク経由でダウンロードになります。
ADSLで約6GBをダウンロードするのに3時間。
インストールに1時間かかりました)

⑥クリーンインストールされたOS Xで、適当なユーザーを作成する。
Time Machineで保存したユーザーとは別名のユーザーを作成します。
同名のユーザーでも問題ないというのですが、
昔は上書きが出来なかったので、その伝統に基づいて別名にします。
例)shuumeiがMacで利用して、Time Machineにバックアップしていたら、
tempなどの別名ユーザーを作成する。
iCloudとかの設定は全部あとでにしました。

⑦その他→移行アシスタントを起動して、Time Machineから復元します。
現在ログイン中のユーザーを上書きしないで、
そのまま追加します。
移行する項目は全てにチェックを入れました。
但し、ユーザーの所は復元させる以外のユーザーだけをチェック入れました。

あとはとにかく時間がかかりました。
途中、バーが動かなくなってこれは。。ダメかな?
と思いましたが、我慢すること4時間ほどで復元完了。

Macのストレージを確認した結果、
空き容量が550GBだったのが、
630GBまで大きくなりました。
一体なにがあったのか(笑)

ここまで劇的でもないですが、
通常でもかなり容量が空くようです。
容量の少ないMacBook Airだと効果はあるかな。

気持ち動きが良くなったような気がするし(気のせい?)、
これは新しいMacを買ったような気がします。

一度は試してみる価値もあるかも。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク