So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

RADIUS case 6 All Polished X for iPhone6 by mod-3 を買ってみた [携帯]

MacFun2014年12月号でiPhone6のカバーが載っていました。
RADIUS case 6 All Polished X for iPhone6 by mod-3
というやつなのですが、最小限なバンパータイプのカバーで、
あまりの斬新さに心奪われた瞬間にポチッとしてました(笑)

IMG_0180.jpg
iPhone5用もあったのですね。
もちろんiPhone6用を購入です。

IMG_0181.jpg
内容物はカバー本体(シルバーのX)と、
六角レンチと予備のネジと日本語の組み立て説明カードです。
本体の箱に英語で組立説明が書いてあったのですが、
よく分からないのでこの日本語カードは有難かったです。

IMG_0182.jpg
カバーです。
このX字の角がiPhone6の角を保護します。
X字のアルミニウムには特に保護シールなどないので、
本体とこすれると傷が付くかもしれません。

IMG_0183.jpg
組立説明カードに従って組み立てます。
まずは上部の角ふたつのネジを外します。
ネジは小さいので無くさないようにしましょう。
私は一回床に落として鑑識のように床を這いずり回りました(^_^;)

IMG_0184.jpg
角にはちゃんと保護シールが貼ってあり、
直接金属と金属がぶつからないようになっています。

IMG_0185.jpg
大体10分くらいで装着できました。
正面から見ると四隅の角のみカバーが見えます。

IMG_0186.jpg
背面はX字がしっかりと見える感じです。
四隅とカメラ部分をしっかりと保護されています。

IMG_0187.jpg
カメラ部分は若干ストロボの所が被っているのですが、
ストロボは普段は使わないから影響ないかな。

IMG_0188.jpg
スピーカーとマイクとイヤホンジャックとLightningのジャック部分には影響なしです。

IMG_0189.jpg
上部は角っこのみカバーがかかります。

IMG_0190.jpg
背面のX字ですが、本体とは紙一枚位隙間があって、
直接触れていません。
これなら傷の心配もないかなと思います。

使用した感じですが、とにかく軽いです。
前のカバーがアップル純正のシリコンカバーだったですが、
それと比べても半分以下の重さになっているので、
本体だけの軽さを感じることが出来ます。
そしてカバーが四隅なので幅が小さくなりました。
本体部分のみを握るのでとても握りやすくなりました。
そして本体の手触りを感じることが出来てとても気持ちいいです。
ジョブズが言っていたようにフィルムもカバーなしが正しいのでしょうが、
傷が怖いのでついつい付けちゃいますよね(^_^;)

値段は結構張りましたが、
この軽さと本体を最小限に保護して、
大きさがほぼオリジナルのままになるのはとても気持ちいいです。

ただ唯一の欠点があります。
金属製のカバーによる電波干渉です。
iPhone6の上部と下部は電波が出ているところらしいので、
そこにちょうど金属が当たるので、
電波干渉が起こります。

電波の弱いところだと圏外になりますし、
アンテナが一本減った感じだと思います。
そこだけが残念なところですが、
それ以外は大満足です。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク