So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

下町ロケット 第1話を見て [ドラマ・テレビ]

あらすじ|日曜劇場『下町ロケット』あらすじ|日曜劇場『下町ロケット』

佃製作所が取引先から取引打ち切り(まさかのルー大柴の登場でASAYAN世代としては興奮)を告げられ、
大企業から特許侵害の訴訟をふっかけられ、
それが原因で取引先がバタバタと少なくなる。
既視感がありますが、佃製作所の大ピンチです。

2015-10-19 0.01.33.png
その間に帝国重工のロケット開発が描写されますが、
佃製作所とは接点がないままです。
どうにも工場が白地で無駄に広くて、
銀河帝国のようなスターウォーズのデススターなような雰囲気w
吉川晃司演じる財前がダース・ベイダーで、
杉良太郎演じる藤間が皇帝という感じかな。

2015-10-19 0.02.08.png
当面の敵であるナカシマ工業の顧問弁護士が池畑慎之介さんで、
ピーターでございます。

2015-10-19 0.02.44.png
阿藤快のクソ弁護士からバトンと受けて、
敏腕弁護士の神谷を演じるのは恵俊彰さんです。
ひるおびの解説のごとく弁護します。
これは明日のひるおび!で、八代さんに弄られますねw

2015-10-19 0.03.09.png
男の友情の話であって、
社長の佃と技術開発部長の山崎のやり取りに、
いちいち熱くなります。
技術開発部長と営業第2部長との口論で、
売れる商品作れと言われて、
お荷物扱いの開発ですが、
ナカシマ工業に買収された場合、
開発部門以外は切り捨てられ、営業部隊なんて捨てられるのですがね。。

2015-10-19 0.03.35.png
一番かわいそうだったのは、
経理部長の殿村ですね。
銀行からの出向なので、
銀行には戻れない。でも佃製作所では外様の新参者で邪険にされる。
その殿村が、佃社長が諦めたのに、
「諦めないで下さい。
佃製作所はいい会社です」
と社長に熱く語る場面は第1話の名場面ではないでしょうか。

それを受けて、佃社長が全社員に説明します。
逆訴訟を仕掛けて戦うと。
逆転だ!!
と盛り上がりたいのですが、
来週は帝国重工が登場で、
特許を取ったあのノズルを巡る闘いがまた勃発しそうで、
佃製作所は2正面作戦を強いられるのかなと思うと、
1ヶ月は我慢させられそうですね。

どこでフラストレーションを発散させてくれるのか?
誰か土下座するのか。
わたし、気になります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク