So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

ミナモザ『彼らの敵』を観て [演劇]

thumb_IMG_8870_1024.jpg
ミナモザミナモザ


1991年、インダス川で僕は誘拐された。◆44日間の監禁生活。砂と水しかない場所。あいつは昨日殺された。僕は気が狂いそうだった。だからなるべく小さなことを考えた。おばあちゃんのこと、大学の履修登録のこと、松屋の牛丼のこと。そうしている限り、僕は僕のままでいられた。◆44日後、僕は帰国した。僕はいつの間にか有名人だ。日本中からたくさんの手紙が届いた。太陽にかざせば「死ね」という字が浮かび上がって来るファンレターだ。パパラッチたちは今日もアパートの前にいる。◆それからいくつかの季節が過ぎた。◆「銃口」を向け続けられた僕は、ある日「銃」を手に入れた。◆僕は引き金を引くことにした。

評価は、星5つです。
★★★★★

実際に20年前以上前のパキスタンであった学生誘拐事件をモチーフにしている物語。
誘拐されて被害者田あるはずの「彼ら」。
でも自己責任、会ったことのない人物からの証言が報道され、
無責任な冒険の結果、誘拐されたと世間から批判される。
マスコミのマスゴミと揶揄される屑さ加減は昔も変わっていなかった。

そして被害者である彼らへの批判。
今でいう炎上。

今はSNSで中傷ですが、
当時は電話や手紙で批判する。
SNSの名もなき人のメッセージよりも手書きの手紙や電話の方が堪えますね…
そこに費やせる情熱に恐怖を感じる…

ツイッターやFacebookでも批判は独り言だし、
本人にメッセージするのは匿名というより手軽だからやってしまうのはわからなくもない。
でも手紙としてわざわざ筆をとり本人と親に送る精神は本当にわからない。
母国の人間より人質になっていたパキスタン軍人の方が思ってくれたなんて…
その彼は処刑されることが分かっていても「彼ら」を励ましてくれた。。

誰も殺さない。
殺されそうになり、次は自分が報道として他人を傷つける側にまわったとわかった坂本。
彼を演じる西尾友樹さんに釘付けでした。

あの記者と対決した時の報道への絶望感が切ない…
大原研二さんダルカラで絶叫警部の姿しか知らなかったので、とても新鮮でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

日高屋の餃子はリンガーハットの数十倍美味い [雑記]

IMG_8856.JPG
レモンサワーと焼き餃子
480円

満足。
幸せは意外と簡単に手に入るらしい。

世の中金か(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ハーゲンダッツ 珈琲バニラを食す [グルメ・旅行]

IMG_8839.jpg
珈琲バニラ|商品情報|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs珈琲バニラ|商品情報|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs

香りがよい。
本物のコーヒーの香りだ。
そして、コクのあるバニラアイスクリームと
珈琲の相性の良さ。

IMG_8840.jpg
まさに珈琲フロートを食べている感じ。
美味いです。


ハーゲンダッツミニカップ 珈琲バニラ(6個入)

価格:1,374円
(2015/7/23 01:06時点)
感想(1件)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 渡辺謙を見て [ドラマ・テレビ]

渡辺謙(2015年5月25日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀渡辺謙(2015年5月25日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

渡辺謙さんがハリウッド映画デビューしたのが、
ラストサムライ。
その時42歳だそうです。
私あと2、3年でその歳になるですが…
何してんだ俺…
とてつもなく焦燥感を感じました。
何もしてないけど(笑)

「とりあえず安全なところで自分のこう安全でひっかかりやすいところにやっていくというよりかは、精一杯手を伸ばして足を伸ばして、自分の体のどこまでそういうものをひっかけてしかも上まであがっていけるかということをトライしないと、僕はいけないと思うんだよね。
まあ言ってみれば崖をよじ登るみたいに。
そうやってあがいているのが全てだと思っているので」

ちょっと何言っているか分かりません(うそ)
これだけのキャリアを持っているのに攻めている。
前傾姿勢。
本当に凄い。

「とにかく試すんですよ。
可能性を試す。
恥をかく商売だと思ってるから。
捨てて塗り替えて捨てて塗り替えてっていうことをする、ある種の勇気を持ってる奴が最後には勝っていく、というかな」

ちょっと何言っているか分かりません(涙目)
もう渡辺謙さんの語る一言一言が重い。
幕之内一歩のデンプシーロールをくらっている感じ。
精神的に。
俺は何しているんだ。
チソチソ弄っている場合じゃないよ!
本当だよ!

電車の車内を思わず早走りして、
ドアの前まで移動して攻めてみました。

まさにプロフェッショナル。
こうありたい。
こうしたい。
こうなりたい。

凄く刺激を受けました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

三田村組「父との夏」を観て [演劇]

IMG_8835.jpg
【三田村組】三田村周三オフィシャルサイト【三田村組】三田村周三オフィシャルサイト

昭和二十年、五月。二人の少年が青森行きの列車に乗った。
─愛する国を守るために─ 

評価は、星5つです。
★★★★★

三田村組は2回目の観劇となります。
1回目は最初で最後となるはずだった、
三田村組ファイナル公演「男の一生」です。
とても面白い公演で次も観たいと思いつつ、
劇団活動が休止になったわけです。
そして、去年に三田村組の再始動と聞いて楽しみにしていたのですが、
三田村さんが大病されて公演が延期となり、
今回の復活公演となったわけです。

その際にクラウドファンディングされていて、
もちろん応援させて頂きました。
パンフレットに名前が刻まれ、
さらに1名招待とグッズがもらえてホクホクしています。

三田村さんは71歳。
ちょうど私の父と同じ年なので、
勝手に親近感を覚えているのと、
この演目の父と息子の関係に自分の親子関係を投影しました。

劇場はサンモールスタジオです。
新宿御苑前駅から徒歩5分。シアターサンモールの隣ですね。

舞台はサンモールスタジオにしては珍しいのか、
かなり上に作られていました。
一番前の人は見上げるという形ですね。
築30年の田舎の家が見事に再現されていました。

自転車を営む父親、
それに反発して家を出た息子。
7年振りに恋人を連れて戻ってきた息子。
妹は娘を連れて出戻り。
喧嘩別れした二人が7年振りに顔を合わせると、
喧嘩ばかり。

そんな頑固親父が、
息子に語った17歳の時の話。
「俺が日本を救ったんだと」

泣けました。
徴兵された少年。
戦場で戦った訳でなく、
後方で整備をしていた。
それでも国を守る為に少年は上野から八戸へ向かう汽車に乗る。
国とは国家のことではなく、家族であり父であり母であり姉である。
みんな大義を信じて戦っていたのでなく、
愛しき人を守る為に戦っていたんだろうという、
当たり前なことに気が付かされた。

父親が息子に語る時に、
17歳に戻って演じる。
これが71歳の三田村さんが17歳になるんですよ(笑)
とてもキュートな少年にね( ^ω^ )ニコニコ

八戸行きの汽車の中で一緒になった金坂少年。
泣き虫でいるが自分に正直。
野川少年と一緒に泣き笑い。
終戦後にまた奇蹟的に、上野行きの汽車で再会。
上野〜八戸が20時間も移動にかかるとは想像できない(^_^;)
現代は早くなった訳ですね。
そこで将来の奥さんになる、政江さんに会う。
飯を早々に食べてしまって、ひもじい道中の少年二人。
そんな二人に政江さんがおにぎりをあげる。
お国の為に戦ったのだからと。

政江さんを捜し当てて結婚した二人。
そんな7回忌に息子に語る戦争と出会いの物語。
ラストの仏壇の花は、政江さんと出会った時に政江さんが持っていた花。


夏に観たくなる。
そんな物語でした。

出演者はどなたも素晴らしかった。
再演だそうですが、前回は孫娘が居なかったそうです。
今回はいたわけですが、居た方が世代を感じることが出来てよかったですね。
最後に孫娘と花火を見つめるのが、
平和を勝ち取ったという感じで。

三田村組。
また次回みたいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ビジネスマネジャー検定試験を受けました [雑記]

IMG_8829.jpg
会社が受験料とテキスト代を支給してくれたのですが、、
玉砕でございます。
玉が砕けました。。

もし自己採点または結果を報告しろと言われたら、
お断りします(笑)

勉強時間<ファイアーエムブレムifのプレイ時間
なので、結果としては当然なのですが。。
努力は嘘をつきませんね。

受験者年齢は高かったですね。
某地方だったので、
会場の受験者は40人でした。

どの位の人が合格したのかな。


ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2014/12/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

15 Minutes Made Volume12を観て [演劇]

thumb_IMG_8755_1024.jpg
Mrs.fictionsのあのホゥムペィジさえもMrs.fictionsのあのホゥムペィジさえも

盛夏の15分

 6つの団体が15分ずつの短編作品を一度に上演する『15 Minutes Made(フィフティーンミニッツメイド)』、3年ぶりに復活!小劇場演劇の更なる活性化を目的に2007年より継続的に開催されている本企画、今回は空いていた期間を埋めるが如く二か月連続で敢行する運びとなりました。
 第一弾となるVolume12は盛夏の7月。鮮やかな季節に相応しい色彩豊かなラインナップでお送りいたします。どこまでも抜けるような青空の下で子供心を取り戻すかのように、いい大人が夢中になってお届けする、きらきらと輝く珠玉の15分×6篇をご堪能ください。

評価は、星5つです。
★★★★★

Mrs.fictions。作品名:祭りの準備
祭りの後的な切なさがたまらない。
オバQ音頭がレクイエムだったのかな。
とにかく切ない。
夏にぴったり。


二十歳の国。作品名:消えないで、ミラーボール
初めての団体でした。
そうきたか!とオチに笑った。
途中まで湿っぽいからてっきりね(^_^;)


MU。作品名:HNG
初めての団体でした。
酷い(笑)
褒め言葉ですよ(^^)
一番笑った!
ワンオペしかり、面々が濃すぎる。
赤字でも誇ってほしい(笑)


第27班。作品名:夏の灯り
初めての団体でした。
ラストシーンになるまで彼女の本当の問題に気が付かなかった。
そして切ない。
花火を見る想いは如何に。


ジエン社。作品名:私たちの考えた墓に入る日の前日のこと
初めての団体でした。
よく分からなかった(^_^;)
だから上演台本買ってしまった(笑)
とても斬新な台詞まわしで、好きな人にはたまらないのだろうが、私にはちと難かった。
ジエン社の台本の冒頭4ページ読んで、やっとこあの舞台で何が行われていたのか分かった(笑)
なるほど。
放置自転車の意味がジワジワときた。
夏のあの日。
誰に黙祷します?


シンクロ少女。作品名:性的人間 あるいは(鞭がもたらす予期せぬ奇跡)
初めての団体でした。
無知と鞭のお話。
ホワイトボードをあのように使うとは(笑)
あれは全て先生の妄想、それとも実話なのか。
事実は小説より奇なり。


「15 Minutes Made Volume12」とても素晴らしい企画でした。
初見団体5つを知りました。
また観劇の幅と財布の紐が広がりますね(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

青☆組『青色文庫-其弐、文月の祈り-』Aを観て [演劇]

thumb_IMG_8754_1024.jpg
青色文庫 -其弐、文月の祈り- |  ■公演情報|Top青色文庫 -其弐、文月の祈り- |  ■公演情報|Top

A 『十二月八日』(原作・太宰治)  『野ばら』(原作・小川未明)
1941年12月8日、日米開戦のその日を、東京に暮らす若い主婦の日記として描いた太宰治の短編を下敷きに、戦時下の市井の人々の日々をユーモアと風刺と祈りを込めて紡ぐ新作ドラマリーディング。吉田小夏がかねてから演劇化を希望していた小川未明の名作、短編『野ばら』と同時上演。

評価は、星4つです。
★★★★☆

「野ばら」
戦争には前線も後方もない。
あるのは敵を滅するだけと。
老人とのほのぼの邂逅から、一転して戦火に巻き込まれる。
軍人である以上は戦いは仕事だが、理解し合った同士ぶつかり合う悲劇に哀しさを感じた。
あと浴衣姿の女性陣。
「野ばら」の時の隅で奏でる音色と相まって、とても絵になる構図でしたね。


あと氷の入ったお茶はありがたかった。
演出の都合上とはいえ暑かった(^_^;)
目では涼しかったんですがね。


「十二月八日」
もうすぐ100年経つと考えると主婦が思う事は変わってないかなと。
軍歌は勇ましく報道は過激で戦いへとかきたてていく。
少しずつ配給が減り、気になる人が出征する。
そうして気がつかないうちに前線となる。
そこが怖いですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

青☆組『青色文庫-其弐、文月の祈り-』Bを観て [演劇]

thumb_IMG_8754_1024.jpg
青色文庫 -其弐、文月の祈り- |  ■公演情報|Top青色文庫 -其弐、文月の祈り- |  ■公演情報|Top

B 『幸福の王子』(原作・オスカーワイルド) & 音読体験ミニワークショップ
2011年初演、音読展覧会のレパートリー作品である『幸福の王子』を"文月の祈り版”として、新キャストを迎え上演。お子様歓迎バージョンでは、小さなお子様にもお楽しみいただける演出でお届けします。ミニワークショップは『幸福の王子』をテキストに俳優陣と一緒にことばを奏でる楽しみを体験する時間です。見学のみもOK。演劇経験不問です。

評価は、星4つです。
★★★★☆

『幸福の王子』
皆さんの衣装がとても素敵でした。
古き民家で聞く童謡。
とても素敵な演出でしっとりと堪能。
夜の民家で聞きたい気もした。

音読体験ミニワークショップ
ミニワークショップは一音符づつ歌う不思議な体験。
ダンディーチームとして舞台で朗読するという貴重な体験をした(^^)
一人一人が違う表現で、どのチームも観たくなる魅力があった。
沢山の表現方法があると改めて演劇の奥深さを知る。
楽しかった!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2015-10-04 [演劇]

thumb_IMG_8424_1024.jpg
2015.6.新殺人狂時代 2015.6.新殺人狂時代

その日、男たちは災害に見舞われた。地上への出口は塞がれ、いつ崩壊するとも分か
らない暗闇に支配された建物の地下で、男たちは生還を目指す。外部と遮断され、内
部の状況も把握できない。そんな「ごまかしの効かない」現状で、今とるべき行動と
は...。

評価は、星5つです。
★★★★★

ドキッ男だらけ密室大会。
とにかく熱い!
物語の行方に目が離せず、ドキドキする展開。
何が正しくて何が間違いなのか?
熱狂は暫しの現実逃避、でも現実で何が出来るのか?
扇動と専制と民主主義。
一長一短の正解なき世界。
もどかしさを感じた。
ラストは希望の鐘と信じたい…

物語にとても風刺が効いていた。
戦前、今の安全保障、原発問題にも触れてるが、問題の本質は日本人の同調精神だと思った。
安全神話、大日本帝国は無敵など、思い込みからの思考停止。
9条を守っても国土は守れず、安保改正したら戦争になるか。
レッテル貼り思考停止してるかも。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

時間堂 十色庵一周年記念イベントに行ってみた [演劇]


        toiroan 十色庵
    toiroan 十色庵


駅から走り、到着早々にビールを空きっ腹で飲んで汗タラタラにフラフラしてしまった(^_^;)
お菓子美味しかったし、なんといってもピタサンドが美味い。
これを食べながらビールならよかったと後悔。
チャイも美味しかった。

開会時に黒澤世莉さんが言っていた次なる目標にワクワク。
そう夢を売る人は夢を語って欲しいから。
きっと実現するだろう。

開演前に飲食して音楽をつまみに酒を飲む。
ビルボードライブ東京で珠玉の体験をした。
それを演劇でも体験出来るかなとレパートリーシアターには凄く期待!

新人お披露目の演目は、iPadにもってかれた(笑)
親はいつまでも子供には子供でいて欲しいのかな。
サンコ以外の新人さんは初めて見ましたが、それぞれ達者でこれからも期待します。

「やぎさんと永遠」は出演者がくじ引き。
なんと連続で菅野さんと阿波屋さんとの事。
今回は菅野さんの芝居見られないと思っていたのでラッキーでした。
永遠とは?その始まりとは?
終わる2人が語るとはなかなか哲学。

「驟雨」直江さんの芝居を久しぶりに堪能。
やっぱり締まりますよね。
結婚なんてね。
大正時代にYahoo!知恵袋かツイッターがあったら炎上する事案ですかね(笑)
新婚旅行は驟雨か。
驟雨が止んだときに…曇りか晴れかは…

誰でもワークショップとか外部出演とか、
そしてレパートリーシアターとかまだまだ楽しみがある時間堂から目が離せません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

スポンサーリンク