So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

下町ロケット 第3話を見て [ドラマ・テレビ]

あらすじ|日曜劇場『下町ロケット』あらすじ|日曜劇場『下町ロケット』

ナカシマ工業との訴訟において事実上の勝利を手に入れた佃製作所。多額の和解金も入り、そのうえ帝国重工に特許を譲ればさらに20億もの大金が入ってくるとあって、社内は大いに盛り上がるが、ひとり佃(阿部寛)だけは別の可能性を探っていた。そして特許売却か、使用契約かを帝国重工に返答する当日。いずれにしてもバルブシステムの使用権利を手に入れ、「スターダスト計画」の遅れを取り戻そうとしていた財前(吉川晃司)と富山(新井浩文)だったが、佃は財前らが予想だにしなかった提案を示す。財前を驚かしたその提案とは?
一方、ノーリスクで多額の金を得られると思っていた江原(和田聰宏)や迫田(今野浩喜)、真野(山崎育三郎)ら若手社員は、財前に示した佃の提案を聞くと一転、「自分の夢のために会社を私物化するな」と詰め寄る。さらに、開発部のリーダーである山崎(安田顕)や、埜村(阿部進之介)らバルブシステムの開発チームの関係もギクシャクしてしまう。
そんなある日、佃は、娘の利菜(土屋太鳳)から突然、「1億円を貸してほしい」と頼まれ……!?

仕事と報酬。
夢と仕事。
そんな今回でしたね。

2015-11-01 23.11.09.png
帝国重工に特許を売るのでもなく、
ライセンス契約でもなく、
まさか部品供給を求めるとは!?

でも帝国重工はオール帝国重工製のロケットが欲しい訳で、
これからの焦点になりそうな感じ。

2015-11-01 23.12.25.png
和解金が入って会社が持ち直しつつあるが、
今度は社員の不満が爆発。
やりたいことをやっている社員は不満はない。
金銭的に見返りが少なくてもやりがいがあるから不満に感じない。
やりたいことをやっていない社員は、
会社にお金が入ったのに金銭的な見返りが少ないと不満に思う。

会社と自分のやりたいこと。
自分の金銭的価値と給与とか。
良い企業って何だろうと考えさせられました。

とある社会学者の言葉で、
就職と結婚は似ているという名言があります。
合わないものは合わないのです。
会社を変えるしか得られない相性というものがあるんですよね。

2015-11-01 23.11.33.png
そんな中、娘から1億円を友人の親の会社を助けるために貸してくれと
お願いされます。
自分の会社でもままならない不条理を娘はいつの日にか理解することを祈りながら。。

2015-11-01 23.12.00.png
開発部長の山崎の過去が分かります。
実は大手企業からの転職だったんですね。
開発することの喜びを見いだして、
お金よりやりがいととったと。

2015-11-01 23.10.38.png
佃社長が川べりを走ると、
もしかして連続テレビ小説のごちそうさんの杏ちゃんみたいに、
川に落ちるかと思いました。
川に落ちたら、ローマに転送されそうだしね(笑)
落ちなくて良かった。

2015-11-01 23.13.46.png
帝国重工の財前も実家が中小企業で、
中小企業に印象を悪く持っていて、
さらに帝国重工のためになることを
強いられ、佃製作所を訪問。
そこでなんと工場見学させられて(笑)

2015-11-01 23.14.12.png
NHKの超絶 凄ワザ!が始まったと思った、
機械と一手による作業の対決(笑)

2015-11-01 23.18.01.png
佃製作所の技術力を知った財前。
佃製作所の製品を受け入れる方向に舵を切ろうとするが、、
来週も不穏な感じになりそうです。

味方になった財前の身の上は?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

スポンサーリンク