So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

アマヤドリ「ロクな死にかた」を観て [演劇]

thumb_IMG_0142_1024.jpg
アマヤドリアマヤドリ

【あらすじ】

水野チサトは元恋人・毬井(マリイ)の死後も、どうしてもその事実を受け入れられずにいた。やがて勤めていた飲食店を辞めてしまい、「毬井は今も生きている」などと言って日々を過ごすようになる。彼女が毬井の「生存」にこだわるひとつの根拠は、彼が生前に書いていたブログが死後も更新され続けているという事実だった。 チサトの姉・水野ハルカはそんな妹に困りはて、職場の友人・生方(ウブカタ)に頼んで妹と話し合いをすることにした。初めのうちは激しく生方を拒絶していたチサトだったが、だんだんと生方の落ち着いた人柄に触れるうちに心を開いていく。そして生方は毬井のブログを現在も更新し続けている「なりすまし」の犯人を特定することを決意し、姉・ハルカの承諾を得て独自の調査を始めることにした。生方はやがて毬井の「なりすまし」犯をつきとめることになるのだが……。

評価は、星5つです。
★★★★★

ガツンときた。「死」というテーマなのだが、
印象的に提示のみで、見た人の心を揺さぶる。
皆考えるだろう。「死」について。

「死」は「生」の延長であり、生き方が死に方だろうか。
忘れることは罪なのか。
無くなることは罪なのか。
開演前後の動から静へが憂いを誘う。

一番最初に見たアマヤドリは、
ストーリーがハッキリと見えずでうーんとなったが、
直近のアマヤドリは輪郭が分かるくらいで、なんとなく按配がよい。
群舞にしても話にしても、なにかを満たしてくれる。

「人生はただ一問の質問にすぎぬと書けば二月のかもめ」ってことだったのかな。

生きた時間が残り時間を超える年齢になり、ちょっと「死」が他人事でなくなってきた(^_^;

そして、アマヤドリがますます目が離せなくなってきたわ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

RISU PRODUCE「ぼくはだれ」を観て [演劇]

thumb_IMG_0137_1024.jpg
RISU PRODUCE of TOPRISU PRODUCE of TOP

強盗放火殺人事件の犯人の疑いがあるとして警察署に任意同行を
求められた被疑者と刑事達との11日間の攻防を描く・・・
RISU PRODUCEの代表作を新たなキャストで二年振りに再演決定。


「・・・世の中に僕みたいな人間がひとりぐらいいても、
 いいですよね?」

評価は、星4つです。
★★★★☆

自分を見失った人々のお話。
後悔で生き、復讐で生き、正義で生き、信念で生きる。
少しの嘘から崩れる人生。
基から脆かったかもしれないが、、他人と自分と人生の主役は誰なのか?

途中笑いがあってホッとするシーンがあるが、それは後ほどの呪いと知る…
取り調べシーンは息をするのを躊躇うくらい濃厚で苦しかった。
とても迫力のある舞台だった。

亀矢が選んだ選択は正しいのか?
常識や法からすると間違ってるが、ぼくがぼくになるには必要なんだよなぁ。。
悲しい中に幸福を感じるラストシーンでした。

いしだ壱成さん演じる亀矢が「世の中に僕みたいな人間がひとりぐらいいても、いいですよね?」
と語るのが、悲しくて、そしてそれを否定出来ないのがさらに悲しくて。

生の渡辺裕之さんを見たけど、
かっこよかった。
真摯な刑事を演じてましたが、
いい人ほど長生きしない。。っていうのがまた悲しい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

下北沢コロッケフェスティバルについでに行ってみた [グルメ・旅行]

下北沢コロッケフェスティバル – コロッケだよ全員集合下北沢コロッケフェスティバル – コロッケだよ全員集合

下北沢で演劇を観たついでに、下北沢のコロッケフェスティバルに立ち寄りました。
演劇が終わったのが15時過ぎだったので、
お目当てのコロッケは売り切れが多くて、
ぶらりと買えるコロッケを買いました。

thumb_IMG_0125_1024.jpg
うぶのコロチキ南蛮です。
自家製のタルタルソースがかかったコロッケ。
コロッケなんですがジャガイモより肉が多くて、
歯ごたえがしっかりとありました。
そして自家製のタルタルソースが美味い!
これは料理としての一品でしたね。

thumb_IMG_0126_1024.jpg
串カツ田中の田中風ポテサラコロッケ。
ソースが少ししかついていなかったので、不安になりましたが、
具にしっかりと味がついていて美味かった!!
チーズがほんのり強くて、ジャガイモが多いコロッケでしたが、
ちょっとつまむなら最高の一本でしたね。

もっと時間があれば、もう一品ぐらい食べたかったですが、
来年あるなら、もっと廻りたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

電動夏子安置システム「ブレッチリーの啼かない鵞鳥たち」を観て [演劇]

thumb_IMG_0124_1024.jpg
トップページ of ブレッチリーの啼かない鵞鳥たちトップページ of ブレッチリーの啼かない鵞鳥たち

ミルトン・ケインズのブレッチリーにステーションⅩと呼ばれる場所がある。
MI6(秘密情報部)主導の下、対ドイツ戦における暗号解読のエキスパートを集めた施設であり、最盛期には1万人程の職員が勤務していた。『ハット』と呼ばれるプレハブの各建物には国内から様々な能力を持った人間が集められ、業務にあたっていた。
各々、優秀な頭脳の持ち主ではあるが、どこか常識の欠落している変人集団でもある。
中でもとりわけ重要な役割を果たしたのが数学者アラン・チューリングであった。
彼の考えを中心とした解読法と、それを支えたエンジニア達により、ステーションⅩは成果を挙げ、徐々に戦況を有利に導いていったのである。
この成功に満足した首相のチャーチルは彼らの事をこう評した事がある。

1946年、ステーションⅩはその役割を終え正式に解散する事となり、現在、残った数名の下に、機密書類の破棄、解読機の破却が進められようとしている。
『エニグマ』をはじめとするドイツ暗号との死闘の経緯は、多くの国民に知らされることなく、国家機密として歴史の闇に葬られようとしている。
自分たちが成し遂げた英雄的仕事を口外する事を禁じられ、様々な機密を背負いながら、チューリングを初め、殆どの職員がこの場を後にしていたが、簡単に応じない者もまだ多く籠っていて、それがMI6の悩みの種となっていた。

これは暗号解読に知恵と情熱を注ぎすぎ、今や燃え尽き症候群となった天才(変人)たちの喜劇的な群像である。

評価は、星4つです。
★★★★☆

物語は英国。つまり役名が全て横文字でした。
横文字の名前は訳が分からなくなりますね(笑)
わたし、途中までアトリーが居ると思ってましたよ(^_^;
誰がアトリーだとずっと舞台を観て考えていた(笑)

話は2転3転して、ラストまで目が離せなく、
コロフェスの事は途中から考えなくなりました(笑)
それにしても笑った!
この外連味が電動夏子の持ち味ですね。
もう一度観たいが千秋楽なんですよね。
それぞれの正体を知ってから見ると、ふふーんと優越感に浸ること間違いない。

「この中から3つ」で注目した渡辺美弥子さんの今回の飛び道具っぷりは素晴らしかった(笑)
コメディでありながら、風刺や社会の矛盾や不条理を入れてるので、一筋縄でいかない後味なんでしょうね。
次回公演も楽しみです!

開演が少し押しましたが、10名も来ないとは…小演劇界の時間問題ですよね。
遅れるのが通常だからなのか?

あと前説で、道井さんがどうでもよい情報として、
私のメガネは伊達メガネですと言ってました。
これがジワジワきています(笑)

Twitterであとから知ったのですが、
元モーニング娘。の小川麻琴さんが出演していたのですね!
(今頃気が付く(^_^;)
だからモーニング娘。ネタあったのね(笑)
普通にキレイな女優さんだと思っていたよん!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

今のあなたの市場価値 [雑記]

FullSizeRender.jpg
MIIDAS
https://miidas.jp/

というサイトにて、私の市場価値を計ってみた。
ふーん。
ふーん。
ふーん。

これが最大値らしい。
上から下まで結構なバラツキがありましたね(^_^;
平均を考えると今の会社の評価がありがたいということで。

「普通に働け」と「すり減る時間」を掲げて、
これからも頑張る所存です。


それにしても、この診断を入力するのに、
結構な労力を使いましたよ。
20分はかかる。
その時間でナニが出来たのか?

そこから考えたいと思います(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

消費税増税をする安倍総理大臣は、共産党より立憲主義(立法)なのか!? [雑記]

首相「消費税率引き上げは予定どおり」 | NHKニュース首相「消費税率引き上げは予定どおり」 | NHKニュース

一次、Twitterのトレンドになったニュースです。
安倍総理大臣は、消費税増税をあくまで進めるという話です。

1〜3月の指標でもマイナス成長している日本経済。
0金利やマイナス金利してもデフレは収まらず、
消費税を5%→8%の傷は意外と深かったようです。

何故ここまで頑なに消費税増税を進めるのか?
それは消費税法を見ると少し分かるかもしれません。

消費税法消費税法

(消費税率の引上げに当たっての措置)
第十八条  消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
2  税制の抜本的な改革の実施等により、財政による機動的対応が可能となる中で、我が国経済の需要と供給の状況、消費税率の引上げによる経済への影響等を踏まえ、成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分することなど、我が国経済の成長等に向けた施策を検討する。

消費税法で注目するべきは附則第18条になります。
この項目を見ると、平成23年から32年(2020年)まで経済成長率3%を目指すために、
何でもしますよということを言っています。
そして、消費税増税したら経済への影響を考えて施策を行いますと言っています。

つまり消費税法上は、消費税増税することが前提となっており、
法律を守るために、安倍総理大臣は邁進していることになります。
共産党がいう、アベ独裁政治は法律に準じていることになりますな(笑)

実はこの附則第18条には第3項がありました。
3  この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前2項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

これがいわゆる「景気判断条項」 って奴で、
消費税増税が8%になったときに削除されました。
それは安倍総理大臣の時です。
つまり、消費税増税の停止をするには法律を改正するしかないのですが、
当時の衆議院選挙で増税すると公約している自民党では、
民意を受けて法律を作っており、これを守る為に安倍総理大臣が邁進している形になっています。
(財務省の手前のパフォーマンスかもしれませんが、、)

では消費税増税を先送りにするには?
選挙をして消費税法を改正するしかないと思われます。

ということは参議院選挙(または同時にやるかも衆議院選挙)で、
民意を問うという形式になるのでしょうね。
なんとなく自作自演な感じを受けますが、
いつかは上げねばならぬ消費税ですが、
軽減税率を入れるくらいなら、据え置きの方がマシなので、
ぜひ安倍総理大臣には争点にしてもらいたいものです。

でも安倍総理大臣には、ぜひ年金制度改革をやってほしいのですが、
これだけ支持率がある内に、賦課方式から積立方式に変えて欲しいです。
もう現役世代で年金世代を支えるのは無理なので(人数的にも)、
積立方式にすべきです。そして積立するかは個人の選択にもなるので、
それぞれが納得して年金を払うようになるので、よいのではないでしょうか。
企業も正社員を雇っても年金半分負担しなくてすみますしね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「自分は、きっと想像以上だ。」 [雑記]


ポカリスエットのCMを見て、
涙目になっているおじさんです(笑)

お二人はまさに日本の宝です! | ここだけの話 | SWITCHインタビュー ここだけの話:NHKお二人はまさに日本の宝です! | ここだけの話 | SWITCHインタビュー ここだけの話:NHK

ネットで話題だった、渡辺謙と山中伸弥教授との対談。
前編は見逃して、ネットのまとめ記事を読んで、
後編は録画して見ました。

面白かった。
ある程度年齢と経験を積めば楽を出来るはずなのに、
お互いに全然楽をしようとしない。
努力をずっとし続けている。
だからトップランナーであり続けることが出来るのだろうと、
納得してみてましたが、そろそろ立ち止まりたい(もともと進んでないかw)と思っている
自分はどうするのよと自問したりしてました。

この2年間で大分楽をしてしまいましたね。

とはいえ、
今の某カスタムシステムもどうかなと思います。
基準がないまま、誰も知らないポリシーを基に、
画面刷新が進み、画面によってはボタンの色や場所が決まっていない、
フィールドの大きさもまちまち、そして各画面毎のcssが増えていく。

新規追加画面を作成したが、
あれって、あの機能と合わせてとか、
これは、あの機能と合わせてとか、
言われるが、それって経験者しかというか、
やってる人しかしならない基準があるなんて(´・ω・`)知らんがなと、
レビューの時にずっと思っていたり、、
正解なSQLを書いていても、既存の書き方に合わせてと言われ、
直したり、どうにも理不尽さにイライラが募ってきています。
慣れなんでしょうが、一回リリースまでいって、
伝統文化のお作法が分かれば、楽なのでしょうがね。

渡辺謙と山中伸弥教授との対談で、
山中伸弥さんが、大切にしてる言葉にVW(ビジョン&ハードワーク)と語り、
しっかりしたビジョンを持って、それに向かってハードワークすることが絶対大事だと語っていて、
その時に、渡辺謙がビジョンという大げさ言葉でなく夢でもいいと、
補足していました。

本当に、無為に過ごしてはいけないよなと思って、
傍らの時間泥棒のスマフォが急に憎くなり、
トイレに水没させてみましたが、
激しく後悔して、ビジョンも涙で見えなくなった次第です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パラドックス定数「深海大戦争(2016)」を観て [演劇]

thumb_IMG_0079_1024.jpg
パラドックス定数 | 次回公演パラドックス定数 | 次回公演

弱肉、強食


ひろいひろいうみの おくふかくで

いきること いきてゆくことだけを

ただじゅんすいに ただひたすらに

きどあいらくなど とうにわすれて

ふるいほんのうの おもむくままに


ころしあいをしよう。

ひろいひろいうみの おくふかくで

いきてゆくことを のぞんでいたら

いきものとはよべない ばけものが

なきながらさけびながら うまれた

もうわかってる うまれたからには


ころしあいは とまらない。

評価は、星4つです。
★★★★☆

今回の予約特典は、
ガチャガチャのカプセルでした。

R0010067.jpg
私の中身はペンギンとシャチでした。

そして前編(前回の深海大戦争)を観ていたので、
その半券で特典もらえました。

R0010068.jpg
手ぬぐいです。
氷山、抹香鯨、鯱、皇帝ペンギン、大王イカの柄ですね。
これは貴重だ!!

さて後編となる物語となるのですが、
いきなり後編だと訳が分からないので、
前編のダイジェスト版も少し含んでました。

でも前編を見ていてよかったと思いました。
前編を見てないと皇帝ペンギンや抹香鯨の殿下や大王イカの弟の関係が、
より深く理解できないかもしれないからね。

タイトルが「深海大戦争」となっていましたが、
その名に恥じることなく、戦争でした。

知恵を手に入れた大王イカの弟、
そして人類が落とした青い炎という力を手に入れる。
(この青い炎はチェレンコフの光を暗示しているから、
核のことかなと推測。劇中では一切語られていない)

その力で抹香鯨を皆殺ししようとする。
抹香鯨の王と息子の王子は、
それぞれ大王イカを殺すことと、
和平を求める道に進む。

その臣下の鯱は、
何か腹の底に含みながら、抹香鯨に従う。

皇帝ペンギンは、大王イカの弟と抹香鯨の王子の間で、
友情を模索する。

氷山は傍観者であったが、
人類により空母にされる。

海底では抹香鯨と大王イカの戦争が始まり、
海上では人類の戦争が始まる。

海洋生物の戦いは、
ノルマンディー上陸作戦のような迫力がありましたね。

青い炎を手に入れた大王イカの弟の戦い。
だが、人類でも持て余した力を下等生物が操れるはずもなく…
海を汚し、仲間も犠牲になっていく。
全てを焼き尽くし海が死の海になる。
それでも大王イカの弟の進撃は止めない。
知恵を付けた大王イカの弟は、食物連鎖の頂点を目指す。
食われるだけの己の存在を変えるために。
ただそれだけのために。

それ故、ラストシーンの大王イカの弟の願い、
青い炎を汚染した海から拾い、
傷ついた体を皇帝ペンギンに預けて、
最後の攻撃をする。

そこに生まれたのは、
食物連鎖の結果、戦争の結果、
何一つ動くもの、浮くものがない世界であった。

ラストシーンの風景は誰の未来だ?
海洋生物の話であったが、そのまま人間に当てはまる。

言葉は疑心を招き、態度はそれを証明しない。
何が真実だったのか。
冥界が生まれた場所には人も生物もいなかった。


印象に残っているのは、
鯱の西原さんの目がよかった。
ありゃ魚(人)を殺している目だった(笑)

そして、いい声の氷山の植村さん。
海の傍観者であったが、人類により戦争に巻き込まれる。
海の平和を願いつつ、彼も青い炎に焼かれていく。


それにしても、馬の話やら海洋生物の話やら、
パラドックス定数は時々、血迷いますよね(笑)
面白いからいいのですが(*^_^*)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

遅咲きの狂い咲き [雑記]

FullSizeRender.jpg
みすず学苑の電車の広告は狂ってますよね(笑)

英語イストとか理科ちゃんとか。
事前知識として予備校というのがないと、
何を表しているか不明ですよね。
プリンが舞ってるしね(笑)

というわけで、仕様レビューでした。
一言言わせて貰えば、口伝の世界なのかな。
事前知識として、コーディングお作法とかシステムの当たり前事項がないと、
指摘事項も何を言ってるか不明ですよね。
頭の中で??が舞ってるしね(笑)


そして誰も画面刷新の中身を知らないまま、
新しい画面になっていく。
みんな独自のCSS作成してね。

画面によってはサイズ固定とか、
画面の大きさに合わせてリサイズとかは、
担当者の気まぐれでね。

こちらのシステムも狂い咲きしはじめてるかもね。


自担当は月末リリースだけど、
まだ要件でもめており、改修画面が増えてる。

明日から本気を出して頑張るが、、
間に合うかな(^_^;
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

はげの森をめぐる旅 [雑記]

FullSizeRender.jpg
疲れてるのかな…

駅にあったポスターを見て、
「はげの森をめぐる旅」って見えてしまった(^_^;

正しくは「はけの森をめぐる旅」ですね(笑)

火曜なのにお疲れのようです。
どうやら席替えの効果が出ているみたいで、
日中私語をする相手が居ないので仕事ばかりしていますわ!

ユーザーとの打合せで、仕様変更で修正画面が増えたりで、
ますます仕事ばかりになりそう…
月末リリースに間に合うかしら?
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

dマガジンで星野源さん連載雑誌(ダ・ヴィンチ、AERA)を読めるか試してみた [パソコン・ネット]

現在、星野源さんは連載をふたつ持っています。
今月のダ・ヴィンチ | ダ・ヴィンチニュース今月のダ・ヴィンチ | ダ・ヴィンチニュース

ひとつはダ・ヴィンチでの「いのちの車窓から」連載。

朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:AERA朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:AERA

もう一つは、AERAでの「音楽の話をしよう」です。

ダ・ヴィンチが月刊誌で650円なり。
AERAは週刊誌で390円なり。
全部買おうとすると2210円です。
これは流石に高いかな(^_^;)

というわけで私泣きながら考えました。
泣きました。泣きながら踊りました。

dマガジン | 多彩なジャンルの人気記事がいつでもどこでも読み放題!dマガジン | 多彩なジャンルの人気記事がいつでもどこでも読み放題!

月400円で雑誌が読めるサービスです。
なんとダ・ヴィンチとAERAが読めるじゃないですか!!
これなら、月額2210円が400円で読めるわ!
というわけで即入会しました。
私はdocomoユーザーではないのですが、
ユーザー登録できました。
但し決算がクレジットカードで行うので、
クレジットカードは必須です。
docomoユーザーはそのままdocomoアカウントで登録できます。
支払は電話料金から引かれます。

dマガジンは、PCでもAndroidでも、
iPhone、iPadでも読めます。
私はiPad mini4で読んでます。

使い勝手はいちいち雑誌のページを読む度に通信が発生するので、
ページ遷移が遅いのですが、まぁこれだけの雑誌が読めるので、
満足です。

thumb_IMG_1596_1024.jpg
グラビアも読めるんですよね。
でもヌードはカットされ、過激な水着もカットされるみたいです。
そこだけ黒抜きされたりしているので、逆に妄想したりして(笑)

しまった!?グラビアに夢中で本題を忘れていました(^_^;)
と言うわけで本題です。
星野源さん連載雑誌を読めたのか?
結果は以下の通りでした。

AERAは、、読めませんでした!!
目次見てもカットされているのがわかります。
泣きながら全ページをめくってみましたが、
どこにも星野源さんのページがありません。。
チクショークリリンのことかぁぁ!!!
と怒りで我を忘れるところでした。。

ダ・ヴィンチは、、読めました!!ヽ(´ー`)ノマンセー
thumb_IMG_0014_1024.jpg
目次に星野源さんの文字がある!

thumb_IMG_1595_1024.jpg
ちゃんと読めたよ。
もちろんクリップ(しおりみたいなもの)しましたし、
画面をキャプチャしたので、dマガジンを退会しても読めるぞ!

という訳で、AERAはダメで、
ダ・ヴィンチは大丈夫でした。

ダ・ヴィンチが650円なので、
400円のdマガジンはお得ですよね。
そして今なら31日間無料ですから。
お試しでやってみるのもよいのでは?
高校生なら親を焚きつけて入会させちゃいましょう(笑)

AERAさんには改善して欲しいなぁ。。


AERA (アエラ) 2016年 4/11 号 [雑誌]

AERA (アエラ) 2016年 4/11 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/04/04
  • メディア: 雑誌



ダ・ヴィンチ 2016年4月号

ダ・ヴィンチ 2016年4月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/03/05
  • メディア: 雑誌


TOKYOハンバーグ「愛、あるいは哀、それは相。」を観て [演劇]

thumb_IMG_0056_1024.jpg
TOKYOハンバーグTOKYOハンバーグ

生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、それを眺めては帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。

評価は、星4つです。
★★★★☆

冒頭の津波シーンは何度見ても胸が締め付けられる…
映像で見ても凄いというのは理解できるが、
擬似的にその時に近い感情で目の前で人が叫んでいるというのは、
演劇ならではの迫力ですよね。

再々演の演目で震災から5年になるが、
劇中の震災後半年、1年後に語られたことに、
今現在どれだけ答えが出せたのか?
進まない帰還に誰かが責任を負うのか?

故郷からは逃げるな、帰ってこいと言われ、
避難先では福島は帰る場所ではないと言われ、
何が正しいのか。

劇中の大晦日、喫茶店での伊勢神宮の祀りのエンヤ-!の掛け声と祈りの言葉に救われる。
神が新しい場所に降りるように人も新しい場所に移る。
誰に許しを乞うことなく。

再々演は主人公を三姉妹から母娘に変えていたが、
より家族を守る為の話になりよかった。

長女が故郷に帰る時の言い争いは正解がないだけに辛いシーンであったが、
西山水木さん演じる母の怒りがとてもよかった。

あと対立していたジャーナリストにおかえりという次女もよかった。
最初は帰りたいと泣いて願っていた次女が、
疎開先の三重の喫茶店に、根付き帰る場所になった。
福島に帰った長女も、帰る場所を見つけた。

どちらが正解か分からないが、
それは今も帰れない人と同じで正解はどこにあるのだろうか。
それは誰かに教えてもらえるのか、それとも自分で見つけるのか。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016』グッズ先行販売に行ってきた [雑記]

thumb_IMG_1602_1024.jpg
『NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016』グッズ先行販売に行ってきました。
4/9(土)と4/10(日)に東京ドームにて、水樹奈々さんのライブがあるのですが、
その事前物販があるので五反田に行った次第です。
当日は11時から販売開始。
とりあえず10時頃から並びました。

thumb_IMG_1604_1024.jpg
外で待っている最中にナネットさんがきてくれました。

外で1時間半まち、中で2時間待ちました。
thumb_IMG_1607_1024.jpg
物販のカウンターがあるところまで4時間。
立っているだけなのに、腰と足が痛くなり、
体が歪んでいることを再認識しました(笑)

本当はクレジットカードで買い物したかったのですが、
会計のカウンターで更に行列が形成されていたので、
現金で買いました。
全部で13点。これでもTシャツやタオルを買わなかったので、
少なかったのですがね(^_^;)
当日にTシャツ買うかも。

あと衣装展がやっていて写真を撮りました。
thumb_IMG_1610_1024.jpg
SUPER☆MANの衣装ですね。

thumb_IMG_1616_1024.jpg
LIVE ADVENTUREでのレイジーシンドロームの衣装ですね。
あのフリフリの半ズボンが見えなくてミニスカートに見えるエロい衣装です(笑)

それにしても疲れた。。
でもこれで東京ドームのLIVEは手ぶらで開場時間に着けば良いので楽できます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スポンサーリンク