So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

パラドックス定数「九回裏、二死満塁。」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_502f.jpg
パラドックス定数パラドックス定数

延長できねえ人生だから。

一回裏。先制されても余裕の後攻。

二回裏。追いかける方は気が楽だ。

三回裏。ほらこうして追いつける。

四回裏。取られた分は取りかえす。

五回裏。取りかえせない事もある。

六回裏。本気を出せばまだ行ける。

七回裏。俺らの本気が通用しない。

八回裏。ああ、早く終わってくれ。

九回裏、二死満塁。

逆転ホームランなど打てないのだ。

評価は、星5つです。
★★★★★

ネタバレありの感想。

1年2ヶ月ぶりのパラドックス定数。
野木さんに挨拶はご無沙汰しておりますからでしたね。
劇団員の演技を見るのも久しぶり。
植村さんの短い髪久しぶり。

タイトルから全く話を想像出来なかったが、
野球ものでしたね。
舞台上には高校の練習場のスタンド席がありました。

私の格言に野球ものにハズレなしの通り面白かった。

15人の村立高校野球部。
甲子園の出場を果たす奇跡を起こす。
3年生だった、ピッチャー、キャッチャー、セカンド、ショート、ライトが、
監督の納骨式で20年ぶりの再会を果たす。
ただし、ピッチャーは18歳で死んでいたが、、

オープニングでユニホーム姿の監督とピッチャーが語る場面は、
後からわかるが、死後の世界だったのだ。

物語はなぜピッチャーは死んだのか?
神社の崖からの転落死は事故か?自殺か?
最後に会話したキャプテンであるキャッチャーが語る真実は?

と場面が甲子園の壮行会と現代と代わる代わる変わり、
今と昔の選手と監督の関係性が見えている。
監督(大人)と選手(子供)の関係を大人になった選手達は何を分かり、何を許すのか。
あなたのボールはどこにありますか?

23対4の甲子園の初戦敗退。
彼らの自信となり、彼らの傷となり。

なぜ15人の村立高校が甲子園に行けたのか。
決勝戦で八百長があったのか?
その事実を知ったピッチャー。
キャッチャーに相談するが信じてもらえず、
失意のまま死亡する。

その思いは20年、球場に残ったまま。
そして相談されたキャッチャーの思いもまた球場に残ったまま。

監督と語り、真実が見えたなか、
ラストシーンで、ピッチャーがキャッチャーに語る
そうやって生きろ、受け止めろ、キャッチャーだろ
という言葉が豪速球となって、キャッチャーに刺さる。

今でも唯一、野球をやっていたライトが語る。
プレイボール
スポーツで唯一、楽しめと遊べと宣言して始まるスポーツは野球だと。

キャッチャーが立ち上がって、しまっていこ〜!と叫び。
舞台は暗転。

エピローグで入部の時のシーンになる。
甲子園行きたいと純粋に語るピッチャー。
ここが呪いの始まり、でも監督の愛は本物だったのだ。


私の人生6回裏だけど、まだ逆転できるかしら(^_^;

座布団席はラストシーンのある視点と同じになるからオススメだけど、
ケツの痛さはデッドボールなみかも。

監督役の佐藤誓さんは監督らしく体が締まっていたなぁ。
あのビシッとなる雰囲気どうしたら出せるのかな。
オトナになりたい。

面白かった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

アマヤドリ「非常の階段」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_503f.jpg
アマヤドリアマヤドリ

《あらすじ》

舞台は2014 年の日本、東京。 ある夏の日、一人の振り込め詐欺結社のメンバーの男が何者かによってさらわれた。結社 の仲間たちは彼(ダーさん)の身を案ずるとともに一時的に身を隠すことを考え、メンバ ーの一人・大庭ナイトの親戚宅に居候をすることとした。ナイトの叔父・八平とその三人 の娘たちは、素性の怪しい詐欺結社の面々を邪魔もの扱いしつつも、なんとか奇妙な共同 生活を乗り切ろうとしていく……。 一方、大庭家も揺れていた。数年前に妻を亡くした八平は東京の家を引き払って富山へ帰ることを決め、三人姉妹はそれぞれ別の新生活を始める必要に迫られていたのだ。

ダーさんをさらったのは誰なのか? 三人姉妹の行末は? 太宰治の『斜陽』をモチーフに、 振り込め詐欺結社の葛藤、若年層の貧困、格差社会、家族の在り方など、現代日本が抱える様々なモチーフを多層的に描きます。

評価は、星4つです。
★★★★☆

最近疲れていて、
惰性で見てたテレビ消すみたいに生きることを時々辞めたくなってたのですが、
私の代わりに目の前で自殺した人を見たら、スッーとモヤモヤが消えていきました。

初演はもっとやりとりがトゲトゲしくて、
本当に抗争しているとか、
家族もむき出しの言い争いしている感が強かった気がしますが、
今回はトゲの方向が外側でなく、内側に向いていて、
自然に感じたが、だからこそより深刻に感じた。

家族という定められた定点的なものが無い人、
または家族はいるが別の場所にファミリーを作った人。
居る人(近くの親類)の繋がりでなく、
居なくなった人(実親)との繋がりにすがってアイデンテティを保ってた時に、
それを切られたことは、愛情なのか、それは非情なのか。
ラストまでに奇跡は起きてた悲劇。

今回は群舞がなくてもいいかもと初めて思ったかも。
でも、このどうしようもない感情と結果をどこかに消化して欲しいので、
やっぱり群舞は必要かな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マコンドープロデュース『祖国は我らのために』を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4fbf.jpg
austraaustra

あらすじ
1917年ロシア歴2月、帝政ロシア首都ペトログラード。
圧政と世界戦争の長期化によって市民たちは、その日のパンにすらありつけない貧しい生活を余儀なくされていた。
彼らの目の前にはまばゆい宮殿。
贅沢な生活を思うさま楽しむ一部の貴族、資本家。
やがて貧しい市民の心に怒りの炎が宿る。『革命』という名の炎が・・・。

「20世紀最大の事件」と呼ばれたロシア革命。

名もなき若者たちは立ち上がり、強大な旧権力に戦いを挑んだ。その戦いの先に理想の社会を夢見て

評価は、星4つです。
★★★★☆

個人は国の為に。国は権力者の為に。
レーニンとスターリンの対立。
ロシア内戦で150万人死者、スターリンの大粛清で15万人粛清され、
戦争時に指揮をする士官が足りなくなるって馬鹿な話が好きです(笑)
民衆の望んだ形と別なものになる虚しさ…

社会主義革命は平等で会議の合議で決めていくのは理想だが、
実際は組織内の闘争になり、組織の代弁者が権力者になる。
選挙があるってことは幸福であり、民衆の最後の知恵なのかもしれない。
日本の場合は、革命で手に入れたわけでなく、
敗戦の恩恵で民衆に政治が渡った(普通選挙)わけです。
我々はその幸せを行使してますか?権利だけ無駄にしていませんか?

赤い旗が権力の象徴として、血の雨の中、
まさに国が滅びるほど粛清し、死者の丘に立ったスターリン。
レーニンも民衆を利用して、民衆側が勝ち取ったものはなんだったのか。
実に深い物語でした。
面白かった。
ケツは痛くなるが(笑)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

イキウメ「天の敵」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_501a.jpg
イキウメWebイキウメWeb

■ジャーナリストの寺泊 満(安井順平)は、菜食の人気料理家、橋本和夫(浜田信也)に取材を申し込む。
きっかけは妻の優子(太田緑ロランス)だった。
寺泊は難病を抱えており、優子は彼の為に橋本が提唱する食餌療法を学んでいた。

当の寺泊は健康志向とは真逆の人間だが、薬害や健康食品詐欺、疑似科学や偽医療の取材経験も多く興味があった。
優子がのめり込む橋本を調べていく内に、戦前に食餌療法を提唱していた長谷川卯太郎(松澤 傑)という医師を知る。

寺泊は長谷川と橋本の容姿がよく似ていたことに興味を持ち、ある仮説を立てて取材に望んだ。
寺泊は、プロフィールに謎の多い橋本は長谷川卯太郎の孫で、菜食のルーツはそこにあると考えた。
橋本はそれを聞いて否定した。
実は橋本は偽名で、自分は長谷川卯太郎本人だと言う。

橋本の片腕・料理家の五味沢 恵(小野ゆり子)。
卯太郎の先輩医師・糸魚川典明(有川マコト)。
糸魚川の孫の弘明(盛 隆二)と佐和子(村岡希美)夫妻。
卯太郎の友人・玉田欣司(大窪人衛)。食の求道者・時枝 悟(森下 創)。

以上の登場人物でお送りいたします。

評価は、星4つです。
★★★★☆
2010年初演の短篇「人生という、死に至る病に効果あり」の長編化。
短編を見ていたので成る程こうなったかという点も楽しめた。
最前列の良席で更に楽しめた。
最初の料理シーンの匂いがたまらなかった(笑)

私は最初はジャーナリストと同じ胡散臭い思いを持って観ていたが、
卯太郎が語る過去に引き込まれていった。

劇中で語られるように新しい食物連鎖が生まれる気がしてゾッとした。
人は老いと病気の前に、禁断の実を食べることを我慢できるのか?

不食の末、人類を極めても友を求める。
人は一人では生きていけない。

チラシで指を切り流血し、止血しながら観劇した。
意外と流血量が多くて、勝手に物語とシンクロしてた(笑)
自分の血は煮干スープの味がすると思う(キリッ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

劇作家女子会「人間の条件」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5021.jpg
劇作家女子会。劇作家女子会。

あらすじ
近未来の日本。長期にわたって社会問題となっていた人口減少が、あるとき不意に止まった。間もなく、その原因が《地球外生物》であったことが判明する。多数の地球外生物が、人間の姿を模していつの間にか社会に紛れ込んでいたのだ。《ホモ・ミームス》、《人外》、《宇宙人》などと呼ばれる彼らは、人間として生活するばかりで何ら逸脱した行動を取らない。ただ死亡したときのみ、体がドロドロに溶けて地球外の生物であったことが明らかになる。 地球外生物であっても、人間として振る舞う以上はそのように扱うべきなのか。そもそも人間とは何なのだろうか。 人間の定義が動揺する社会で、人間の条件を問い直す。それは論争として、犯罪として、恋愛として、革命として、様々な運動として日本各地で巻き起こっていく。

評価は、星4つです。
★★★★☆

ミュージカルと名乗ってるからミュージカルなんだけど、
想像以上に本格ミュージカルで凄かった!
西本先生役の方はミュージカル俳優?と思ったくらい。
ソロのところは聞き応えありました。

たくさんある曲の中で、「満員電車の歌」が一番好きかな。
電車通勤なので感情移入しやすかったからかな。
これを聞いて通勤したい!
勇気をもらいたい。

劇作家女子会のそれぞれのメンバーが担当したパートは、
一貫性を持ったストーリーを背景に持ちながら、
それぞれの味がよく出ていたと思います。
坂本鈴さん担当部分が相変わらずエロくて困りました(; ^ω^)
ヘルス店メンバーのダンスを最前列で堪能して、
目の保養になったのが本日のハイライト(笑)
あのお店の全国展開を待ってます!

見る前にあらすじを見ていなかったので、
「宇宙人」は驚いた!
人間の条件を問われ続ける2時間でした。
最初のシーンはそういうことだったのか!と最後にわかる。
歌とダンスと照明と生音楽。
音楽が生のがいい!
クラウドファンディングしてまでこだわった理由はわかります。
大正解です。

普通との異端のボーダーが条件?
それとも人種?
肌とか一物が光るか光らないか?
レッテル貼って区別、差別してるだけ?
「人間の条件」とはを問い続ける。
人を助け、人を思い、自分も認め、前に進んでいく。

サントラが欲しくなったなぁ( ^ω^ )
歌が上手い俳優が揃ったのか、
それとも俳優はみんな歌が上手いのかな。
それが俳優の条件!?

幕間にフィールドワークで部の発表があった。
私が観た回は大学生で借金が900万あるという話。
奨学金を月3万円の返済で40歳までかかる金額。
親が大学出ておきなさいという事で進学とのこと。
それは正解。
生涯賃金で大卒と高卒は4000万円変わるから。
しょうがない…?
これも「人間の条件」だろうか。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団チョコレートケーキ「60’sエレジー」を観て [演劇]

IMG_2211.jpg
劇団チョコレートケーキ劇団チョコレートケーキ

所得倍増計画、集団就職、新・家電三種の神器、そしてアジア初の五輪『東京オリンピック』
今から半世紀さかのぼる1960年代、高度経済成長期
史上、最も日本人の生活が変わった時代
より豊かに、より便利に、様々な『心』を置き去りにして上昇していった日本社会
あの頃の日本人は何を望み、何を失ったのか?
東京下町のある町工場 に集い、寄り添い生きた人々の60’s


評価は、星5つです。
★★★★★

ちょうど主人公の修ちゃんと私の父が同じ年代。
父は公務員だったが夜間に通って大卒になった。
修ちゃんは自ら命を断ち迎えられなかったが、
父は2度目の東京オリンピックの経験者になるのかな。
なので他人事とは思えない物語でした。

修ちゃんは遺書代わりの回想録で独りと書いて、自ら蚊帳の外に居たつもりが、
実は大きな蚊帳の中に居たんだね。
最後まで謝っていたのが、修ちゃんらしかったね。
社長からきっと天国で怒られていると思うが(^ ^)

「〇六〇〇猶二人生存ス」の回天乗務員をはじめ、特攻や多大な犠牲で作られ守れた日本。
戦後、高度経済成長の中、大人は仕事に励み、子供は夢を追う。
子供は学生運動で、日本の貧困と世界の平和を願い、平等の世界を夢見たのに、
結果は内部で殺し合う(山岳ベース、浅間山荘)。
夢の果ては「起て、飢えたる者よ」となる。
劇団チョコレートケーキの過去公演と絡めて見てしまった。

「蚊帳」がキーワードでした。
高度経済成長の中、蚊帳の外に置かれた人が辿った運命。
皮肉にも蚊帳の外に先に出た人が豊かになり、最後まで蚊帳の中に居たら、
三種の神器もない、斜陽の世界。
ラストは涙目で見た。
かつてあの蚊帳工場があったアパートで散った修ちゃんは何を見たのかな。

東京オリンピックをあと2年後に受けて、
我々はどんな世界を見るのか。
新幹線も高速道路もテレビも既にある。
物質的でない精神的なものを手に入れるのだろうか。

GDP世界2位まで登りつめた日本は、今は3位である。
日本人の夢は何?

高度経済成長から40年。
金の卵と呼ばれた中卒の労働者は、
安い労働力として日本経済を支えた。
日本人が物質的に豊かになったが、
失われた20年で給与は下がり続け、
貧困が広がってる。

一方、現在の金の卵は移民で世界の労働を担ってる。
結局未だに経済の構造は変わっていない…

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

MCR「不謹慎な家」を観て [演劇]

IMG_2204.jpg
MCR - 不謹慎な家/佐藤さんは殴れない -MCR - 不謹慎な家/佐藤さんは殴れない -

「不謹慎な家」
刑務所に入った男を待つ場所として同じ境遇の女たちが家を借りた。
その家で女たちはそれぞれの相手が刑期を終えるまで生活する。
一人では、何かに押しつぶされそうだから。
一人では、笑うことも(なんとなく)憚れるから。
一人では、あなたを待てないかもしれないから。

待つことの意味さえ朧げになりつつも待ち続けてしまう女達の、
励まし合い、怒鳴り合い、時に侮蔑しまくりな強さと弱さを、
なんだかスレスレな感じで描いていくおはなしです。

評価は、星4つです。
★★★★☆

MCR劇団員って出てたのかしら?
まさに不謹慎の家でしたw

確かに心情は当事者でないとわからない。
想像して当事者に寄り添うって、かなりの労力だ。
家族だから恋人、友人だから理解しようと思うのだろうが、
でも真理には届かない。
的外れな「理解」は当事者にとって「不謹慎」かもしれない。

最初から怒涛の櫻井節に酔わせてもらった。
言い合いの中に笑いあり、そして唸らせる考えがありと、面白かった。
待つ女達の悲喜こもごもあったけど、みんな幸せになるといいなあ。

そして待ち続ける幼馴染の彼は不謹慎な存在として、家に居続けるのかな(笑)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

キコ/qui-co.「Lullaby」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4f88.jpg
キコ/qui-co. 8th development 「Lullaby」公演情報 – qui-co. websiteキコ/qui-co. 8th development 「Lullaby」公演情報 – qui-co. website

—-intro

「三十を過ぎて、恋の告白をするなんて思っても見なかった。
ヨレたスーツに就活生みたいなリュックを背負ったみすぼらしい男の、話し声の虜になった。
朝にはアトムみたいだった寝グセが、夜になる頃にはいつの間にか直ってるんだ。いつも。
いつもわたしは惜しいなぁと思う。そしてさびしくなる。
昭和の女学生でもないのに、夜にはバイバイしなきゃいけなかった。
別れ際に見送る、男のどうしようもない笑顔を見て、恋の実感を知った。
こんなに人を好きになったのは、もしかしたら初めてかもしれない。
恋の実感は、鉈のように私の気道を断つ。
彼が独りでわたしを想う頃、私は夫に抱かれている。」

貧困の問題は元号が変わっても悪化の一途を辿り、日本の治安は過去最悪となった。
僕を含め、何かしらの犯罪に手を染めていない男などいない。
ATMがもの珍しい存在となり、自動販売機が街から姿を消した。新聞は戦争の可能性について論じた。
ほどなくして僕は、スマートフォンを持てなくなった。働くのに、生きがいを求める時代は終わった。
そんな時に、彼女と出会った。
海岸沿いを歩いた。長い橋の先には小さな島があり、僕たちはその島を【くろがね】と呼んだ。
乱れた治安と、それに伴う異様な立法が生んだのは部分的な治外法権。
【くろがね】において起きる恋愛の情事においては、一切の不問に付された。
【くろがね】は言わば、「不倫特区」として国民のガス抜きの役割を果たしていた。

「最後の恋だと思っていました。
くろがねのお蕎麦屋さんで食べたおまんじゅうの味を忘れません。
弁財天で投げた賽銭の軌道を忘れません。雨と熱と春を、わたしは忘れません。
忘れませんから、どうか、もう二度と、わたしを思い出さないでください。」

それから3年が経った。
僕は内臓を損傷し、使い物にならなくなった。
そうしてまた、この街に戻ってきた。
友達にお土産を買ってきた。友達の家の玄関を開けた。
ああ、そうか。
あれは僕にとっても最後の恋だったんだ。
恋の実感は癌のように全身に転移する。
空の群青も
春の痛みも
夢の残滓も
君の笑顔も

どうか
ぜんぶ嘘だと言ってくれ

評価は、星3つです。
★★★☆☆

初めての劇団と劇場。
ラピュタみたいな劇場でしたね。

元時間堂のヒザイミズキさんを目当てで見に行きました。
春名風花さんも気になってましたが(^_^;)

不倫の話という予備知識だけで観たら、
なんかおっきい話になっててちょっとびっくり。

ヒザイさんの芝居を久しぶりに見られて満足。
欲張りを言えば、時間堂の時のようにもっとメインの話が見たいですね。

百花亜希さんの狂おしいほどの愛嬌って虜にされますね。
かわいいコンビニ店員飯田さんの時にも感じましたが、
あのキュートさはなんなんでしょうねw
百花亜希さんの顔のLINEスタンプがあれば買いますわ。

はるかぜちゃんこと春名風花さんにもゾクリとさせられました。
あの「大人」たちへの憤り。
グサっときましたね。

当事者の関係者でない場合、
「不倫」は「純愛」に見えて美しいとも思えるが、
これが当事者の関係者である場合は、汚い許せないものに見える。

劇中で、ICでアルコール摂取のコントロールや、
武器の制御をしていたが、
あれって男女の関係もログを取られてかもね。
そんな時代なら不倫特区が必要になるかも。

それでも結局は愛し愛されてがいいのだよね。
運命ってことを信じたくないが、
あの音楽で盛り上がっていくのは、
運命だったよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

カジャラ#2『裸の王様』を観て [演劇]

IMG_2161.JPG

  カジャラ#2『裸の王様』メンバー紹介 | KENTARO KOBAYASHI WORKS | 小林賢太郎のしごと
カジャラ#2『裸の王様』メンバー紹介 | KENTARO KOBAYASHI WORKS | 小林賢太郎のしごと

評価は、星5つです。
★★★★★

チケット入手困難なカジャラの公演。
フォロワーさんのご好意で便乗して観劇。
面白かった。
笑いました!

やはり笑いの演劇は面白いね。
コントは好きだわ(^^)
小林ランドを一回りした感じ。

長めのコントやショートコントで笑い、
最後の4つの国の物語で少ししんみりとしたり、面白かった!
席も前過ぎて、小演劇並みに観れたから満足!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

クロムモリブデン「空と雲とバラバラの奥さま」を観て [演劇]

ED24D21E-9ED9-4B73-A784-1834629F6BA9.jpg
クロムモリブデンクロムモリブデン

森の奥のそのまた奥に奥様の細道がありました。嫁ぎ嫁いだ花嫁が嫁いで驚愕!
二人の旦那がお出迎え、他にも奥様いるじゃない、お妾さんもいるじゃない、
姑さんも沢山いれば、女中も奴隷もてんこ盛り。
バイトのような花嫁は、派遣妻になれるのか!正妻になれるのか!
別れる時は分裂してもらいます!
頭かくしてツノかくさず!
ブキミなコトブキ!ウキウキコトブキ!
何故人は嫁ぐのか!
何故人は嫁を目指すのか!

評価は、星3つです。
★★★☆☆

赤坂レッドシアターより重低音が心地よかったのは気のせいかな?
とても音が体に響いてよかった。
これだけでも吉祥寺シアターに来た甲斐がある。

結婚に新しい解釈をいれて混沌としながら、
色々なものがバラバラになった後の落とし前だったのか。
産まれたのは何で、死んだのは何だったのか?

家事をやる妻、子供を産み育てる妻、遊べる妻、話せる妻と妻の枠割を分業してみたが、
日本には本妻、妾、女中と昔はあった役割と気がつく。

不倫がブームな今、皆が多様な役割を放棄し始めたのかなと思ったり。
私には関係ない話ですがw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

スポンサーリンク