So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

「プレイヤー」を観て [演劇]

mainvisual.jpg
シアターコクーン・オンレパートリー2017 プレイヤー | Bunkamuraシアターコクーン・オンレパートリー2017 プレイヤー | Bunkamura

舞台はある地方都市の公共劇場、そのリハーサル室。国民的なスターから地元の大学生まで、様々なキャリアを持つ俳優・スタッフたちが集まり、演劇のリハーサルが行われている。
演目は新作『PLAYER』。幽霊の物語だ。死者の言葉が、生きている人間を通して「再生」されるという、死が生を侵食してくる物語。

<行方不明の女性、天野真(あまのまこと)が遺体で見つかった。死後も意識として存在し続けることに成功した彼女は、友人達の記憶をアクセスポイントとして、友人達の口を借りて発言するようになっていく。事件を追っていた刑事、桜井を前に、天野真を死に導いた環境保護団体代表であり瞑想ワークショップの指導者、時枝は、これは世界を変える第一歩だと臆面もなく語る。死者との共存が、この物質文明を打開するだろうと。カルトとしか思えない時枝の主張に、桜井は次第に飲み込まれてゆく。>

物語は劇中劇と稽古場という二つの人間関係を行き来しながら進んでいく。
死者の言葉を「再生」することと、戯曲に書かれた言葉を「再生」することが重なる。単なる過去の再生ではなく、今を生き始める死者と、戯曲の言葉に引き寄せられ、アドリブで新たな言葉を紡ぎ出す俳優が重なる。
演じることで死者と繋がった俳優達は、戯曲の中の倒錯した死生観に、どこか感覚を狂わされていく。生と死、虚構と現実の境界が曖昧になっていく。時枝の狂った主張は、桜井の選んだ行動は、リハーサル室でどう響くのか。

評価は、星4つです。
★★★★☆

事前に上演時間をフォロワーさんから教えてもらって、
立ち見席で長時間持つかしらと思ってました。
そんな不安も古田新太さんとトイレですれ違う幸運で忘れました(笑)

ラストシーンで鳥肌が立つ。
イキウメの初期の頃のナイフの刃の部分を間違って握ってしまったようなあの感覚だ。
イキウメ版とどう違うのですかね?
どこからどこまでが現実なのか、
それとも全てシナリオ通りだったのか、
皆プレイヤーだったのか。

立ち見だったがそんなことを忘れて夢中で終わった。
もうあのシーンを見た全員、彼のプレイヤーになってしまったはず。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

やっせそ企画「ワンマン・ショー」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_51b4.jpg
Stage | やっせそ企画Stage | やっせそ企画

あなたは、K氏の生み出した不条理の沃野をすすんでいる。
ここで見つけたいくつかの小景を眺めることのみが今現在あなたに許された唯一の行為だが、
この紙を折り畳み、再び広げたときに、まだそれが可能かどうかは分からない。

回らない扇風機。葉書の山。落ちる窓。涎の池。還る箱。

2017年8月の佳き日に、すべての正体は明かされる。
だがしかし、東京都新宿区新宿三丁目八の八へと、あなたは果たして辿り着けるだろうか。

評価は、星4つです。
★★★★☆

ラストに向かう途中で、全てシーンの裏が分かり、
繋がっていくところで鳥肌が立つ。
そしてラストシーン。
まさにタイトル通りだった。

誰が狂っていたのか?
狂い始めたのは誰なのか?
静かな狂気というのは恐ろしい。
全ては最初から始まっていた。

読後感というか、観劇後感がヤバい。
感動したとか面白かったとか勇気をもらったとかなくて、
ただヤバいものを目撃してしまった感が凄い。
このワンマンショーはヤバい。

江戸川乱歩感というのが近いのかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

電動夏子安置システム「グランディ氏の穏やかな遺言」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_51b6.jpg
TOP of グランディ氏の穏やかな遺言TOP of グランディ氏の穏やかな遺言

三輪孔亮(三上剛)は享年91という長命で臨終した。再び気づいた時には不思議な場所で女と対面しており、自分が死んだ事、しかも殺されたようなものだと告げられる。女はたった一人の孫娘に似ていた。早くに妻と息子夫婦を亡くし、身寄りは孫の「聖美」ただ一人。彼女は長らく自分の元を離れていて、臨終にも間に合わなかった。三輪は聖美の今後の人生が気がかりであった。もう一度、孫娘に会いたい。そんな無理な願いを女は無表情で聞き届けた。三輪は再び赤ん坊として生まれ直し、孫娘に会い、誰が自分を殺したのかを探す事になる。ただし、急激な成長を遂げるという制約付きで。

評価は、星5つです。
★★★★★

段々とハッピーシステムに慣れてきて、楽しく観劇が始まるのがいいですね。
私は特典のスティックバルーンでバシバシしました(笑)
使い道がここしかないのがまた良い特典ですね。

面白かった!
今回のお話は横文字の名前もなく、科学的な事もないので、
頭にはすんなり入ってきたかな(笑)
よくもまぁあんな混沌を考えると感心します。
それにしても楽しく笑わせてもらいました。
そして少し切ない。

自分はそろそろ人生の木曜日になりそうなので、
ここに留まろうと思います…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ミュージカル『ビューティフル』(水樹奈々)を観て [演劇]

G+W5EqdxQvmhAvU+I2XmSg_thumb_517f.jpg
帝国劇場 ミュージカル『ビューティフル』帝国劇場 ミュージカル『ビューティフル』

ニューヨークに住む16歳のキャロル・キング(水樹奈々/平原綾香)は、教師になるように勧める母親のジーニー(剣 幸)を振り切って、名プロデューサーのドニー・カーシュナー(武田真治)に曲を売り込み、作曲家への一歩を踏み出す。やがて同じカレッジに通うジェリー・ゴフィン(伊礼彼方)と出会い、恋に落ちた二人はパートナーを組み、キャロルが作曲、ジェリーが作詞を担当するようになる。ほどなくしてキャロルは妊娠、結婚した二人は必死で仕事と子育てに奮闘する。
同じ頃二人は、ドニーがプロデュースする新進作曲家と作詞家のコンビ、バリー・マン(中川晃教)とシンシア・ワイル(ソニン)と良き友人となり、互いにしのぎを削り、ヒットチャートの首位を争うようになる。
数々のヒットを放ち、全てが順調に進んでいるかのように思われたが、ヒット曲を書き続けなければならないという焦燥感から、ジェリーは精神的に追い詰められるようになり、奇怪な行動や浮気を繰り返すようになる。キャロルはやり直そうと試みるが、すでに手遅れだった。
28才で二人の子持ちのシングルマザーとなってしまったキャロル。しかし、彼女はくじけることなく人生を切り拓いて行く。ロサンゼルスへ移住した彼女を待ち受けていたのは、まったく新しい門出だった――。

評価は、星4つです。
★★★★☆

a6DEt3A2QkO1UHdt76yWWA_thumb_5182.jpg
キャロルキングの人生と音楽を一通り体感。
水樹奈々さん演じるキャロルがデビュー前の初々しさから、
運命の出会いと結婚、そして離婚。。
そして遂に作曲家から歌手としてデビューし、
一人で歌うところの少女から母になりそして、歌手になる変化を堪能した。
1幕終わりの歌声に鳥肌がたった。

ydZNpTFaSWezujFrHkmunQ_thumb_5198.jpg
2幕でのキャロルの苦悩と、
徐々に自立していく姿を水樹奈々さんが丁寧に演じていた。
もちろん歌声に痺れました。
あとキスシーンには複雑な気持ちになりました(笑)
主要キャストだけでなく、
当時のヒットメーカーの歌手を演じるキャストのメンバーの
歌唱力とダンスに魅せられました。

カーテンコールでの武田真治さんの煽りを受けて、
立ち上がりのタイミングを掴めた。ありがたい。
歌に圧巻されて1幕終わり時点でかなりの満腹感(^^)
2幕でも同様に圧倒されたわ。
体感的にライブに参加した感がある。

n+tf4UP9TFmKF1j+aiVynw_thumb_5195.jpg
カーテンコールの挨拶では、ライブの時のいつもの奈々さん節で安心w
シャッスと言うのではと思ったり。

あと帝国劇場で男子トイレに行列ができるとはね。
男性率高かったですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団青年座「旗を高く掲げよ」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_519c.jpg
劇団青年座劇団青年座

1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻し第二次世界大戦は勃発した。
物語はその前年から始まる。

歴史教師のハロルドは善良なる市民。
妻レナーテ、娘リーザ、妻の父コントラートとベルリンに暮らすミュラー一家は、
ごく一般的なドイツ人家庭。
1938年11月、ドイツ各地で起こったユダヤ人に対する組織的暴動事件(水晶の夜)直後、
事件を受けて亡命を決意したユダヤ人の友人オットーが今後のドイツを憂える。
ナチス支持者の妻レナーテは、時流に乗らない夫に物足りなさを感じている。
夫、妻、義父、夫の友人、妻の友人、それぞれの立場からナチスドイツを語る。
その数日後、SS(ナチス親衛隊)の友人ペーターが、
ハロルドに歴史の専門知識を活かした仕事をしてほしいとSSへの入隊を奨める。
乗り気のレナーテに対し、二の足を踏むハロルドだったが……、ついに入隊を決断する。
1940年7月フランスの降伏、1942年4月ホロコースト(ユダヤ人の組織的大量虐殺)開始、
1944年9月ドイツ軍敗色濃厚、1945年4月ベルリン陥落寸前、そして……。

ドイツ崩壊が進むにつれ、反比例するかのようにナチスに傾倒していく家族。
ナチス独裁政権下のベルリンを舞台に、物語は時を移して転がっていく。


※題名の「旗を高く掲げよ」は、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)党歌名。
作詞者の名前から「ホルスト・ヴェッセルの歌」ともいう。
ナチス体制下では、第二国歌的な意味合いをもった。

評価は、星4つです。
★★★★☆

ラストシーンが秀逸。
ポピュリズムの行き着く先なのか。
被害者は善良な市民であり、それは加害者にもなる。

ヒトラーは元は国民が選んだ議員であり首相であった。
日米開戦も和平より争いを選んだのは焚きつけた新聞と日本国民であった。

善良な市民ほど悪人になっていく恐ろしい構図が見ていてゾッとした。
法を犯していないし、政府にもたて突いていない。
ただ組織に準じたのに、それが恐ろしい結果を生み出す歯車となっているということ。
だがあの時代でどれだけ気づけるというのか。。
それは現代にも言える。

ドイツではラジオをナチスが作りプロパガンダに使用した。
現代は新聞とテレビだけでなく、ネットで一次情報に触れることが出来る。
そして報道が情報を切り貼りしてた事を知った世代と
盲目的に報道を信じる世代で齟齬が起きてる。
そう考えるとあんな事を起きないのか?
一人一人考えねば。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

鵺的「奇想の前提」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_519e.jpg
鵺的鵺的

M県S郡の南端
I湾が太平洋とつながるあたり
そこには直径二里にも足らない小島が浮いている
きみは知っているだろうか
この荒れはてた場所が
かつて「パノラマ島」と呼ばれていたことを

評価は、星4つです。
★★★★☆

江戸川乱歩作品を読んでるとより楽しめるのだろうね。
私は読んだことないので、知識として知ってる乱歩感は凄く感じた。

ラストシーンが目に焼き付く…
どの登場人物から闇と人ではない匂いを感じ猟奇と狂気と感じる2時間であった。
鵺的は初めて見たが、これは癖になる…

JACROWの中村さんが俳優してましたね。
あの怪しげなサングラス姿がお似合いでした。
ラストシーンの姿もね(^^)

色々と想像を超える話でしたね。
狂気と正気は隣り合わせで同居しているのかもしれない。
血縁という抜けられない呪いの怖さを知る…
そして次見たい劇団が増えた。

社会的な悪と正義の対立でなく、
己の美学の実現と対立の戦いである。
それが結果として社会悪かどうかの見え方であり、
登場人物が画一的な正義感や悪人でないのが凄く心地よかった。
そして、それぞれの花火を打ち上げていた気がする。
真似する人が現れないことを祈る。。

時々耳鳴りがするのは気のせいかな。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

(劇)ヤリナゲ 『預言者Q太郎の一生』を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_51ab.jpg
(劇)ヤリナゲ(劇)ヤリナゲ

千葉県Aビコ市の藤原・B・マリアに待望の赤ちゃんが誕生! 突如現れた東葛の三賢人の言うことには、この子は今世紀最大のよいこ・Q太郎であるという……すくすくと育つQ太郎を、弟子たちは伝記に記すことができるのか?

評価は、星4つです。
★★★★☆

Q太郎は何だったのか。
復活後の一生も見たいが、神の子なのだろう。
やっぱり山本キッドなのかw
誰もが神の子であろう。

ヤリナゲは3回目の観劇になるが見るたびに好きになる。
それは面白いから。
あるシーンの業界内支持率は凄そうw
君の声を聞かせてと星野源のSUNを聞きたくなった。

サンコことロンドン冴子こと尾崎さんは時間堂での演技しか知らなかったが、
全く異なる姿を見せてもらった楽しかった。
金城あさみさんはコンビニ飯田さんで観てたけど、
凄く幼く見えて、今回の役柄との違いに驚いた。
女優って凄いですね。

気が付けばあっという間に楽しい時間は終わり、
楽しい演目でした。
色々と回り巡って、
人生賛歌みたいな肯定的な物語で、
前向きなエネルギーをもらった気がします。

沼風には気を付けたいと思います(笑)
スカイツリーラインの住人より。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

らまのだ「まど/みそ味の夜空と」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5151.jpg
らまのだらまのだ

評価は、星4つです。
★★★★☆

「まど」のだver
殿様ランチの小笠原さんは眼鏡という印象が自分にはあるので、
メガネなしは新鮮でした。
のだver見たけど、兄が出来る子の面影がある感じでしたね。
まどの色んなことを解釈してしまうラストの感じが好きです。
事故のない人生などない。
窓から見える景色は他者であり自分であったのか。

「みそ味の夜空と」
笑わせて貰いました。
特に妹の友人役の女優さんには(笑)
彼女のあの独特な感じは好きですよ。
空回りする会話と想い。
そして自立した兄と妹。
その周りの人物たちもそれぞれ自立していく(方向は間違ってるかもw)
よいドラマでした。

「ひとりぶんの嘘」
おまけ作品。
途中から相手があれだったと分かると切なくなるが…
先生は誠実なのか違うのか。
誠実が故にバツ4なのか(笑)
なんか色々と考えてしまう余白があったな。


らまのだは観たいと思っていて、
やっと今回観られましたが次も観たいですね!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

流山児☆事務所「SCRAP」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5148.jpg
『SCRAP』『SCRAP』

1958年、大阪砲兵工廠跡地。大阪城が見下ろすこの場所に、その「廃墟」は存在した。

かつて、アジア最大とも言われた兵器工場は終戦間際、大規模な空襲を受けて、見渡す限り巨大なコンクリートと鉄骨の、瓦礫の山と化していた。そしてこの「廃墟」に夜な夜な侵入し、鉄屑を掘り起こし、それを売って生活の糧とする朝鮮人集団がいた。通称「アパッチ族」 ―しかし鉄屑は国有財産。ついに警察が取り締まりを始める。漆黒の闇の廃墟で、警察とアパッチ族の戦いが過熱していく。それは、日本の中で身を寄せ合うようにして暮らしていた在日朝鮮人たちの、生きるための戦いであった。

評価は、星4つです。
★★★★☆

戦前の満州で一旗あげる、あの日前の広島長崎へ疎開するとか、
歴史を知ってるとちょっと待てよ!と叫びたくなる事象があるが、
今回も北の地上の楽園と聞いて待てよ!と叫びたくなった。
居場所を拒否され続けた人にとっては、
ここに居てもいいんだよという声は神の啓示に聞こえるのだろう…

共謀罪だ安倍一強だと言われるが、
選挙に反対しても弾圧されず国会前で騒いでも、
あんな人たちと言われても逮捕も死刑にもされないのだから、
日本は平和だと思ったり。

ある期間家族だったアパッチ族。
あの日からバラバラになり、
もう2度と集まることはないだろう。。
そしてスクラップがリサイクルになればよいと、
日の丸が仲間の分頑張ってほしいと思った。

ラストの手紙に関しては、ゾッとした。
このメッセージがもっと早くと思ったが、、「場所」はあるものでなく作るものなのか。
アパッチ族の問題なのに人ごとには思えなかった。
勝者のみの歴史にも疑問を覚えねば。
大阪城から見たあの地下には、それが埋まってる。

北の帰還事業に関しては、政府も朝鮮総連も北の状況を隠して促していた。
その背景には、日本は犯罪率が6倍も高い厄介者を追い返したかった、
北朝鮮は労働力と社会主義のプロパガンダをしたかった、
両者の思惑が一致して、2度と帰れない片道切符を発行したのだ。

私はネット右翼的な考えを持っているが、
日本で仕事もなく生きるために犯罪するしかないのもわかりつつ、
済州島四・三事件で国を追われ、日本でも拒否され、
行き場所のない彼れをどうせめられれようか。
行き場のない思いに駆られてしまった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

風琴工房 「Penalty killing-remix ver.-」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5149.jpg
Fukinkobo penalty killingFukinkobo penalty killing

評価は、星5つです。
★★★★★

面白かった!
初演のスズナリより200%いや500%くらい迫力が増しててよかった!
本当にアイスホッケーの試合を見てる感じがした。

当り前だが人それぞれにドラマがある。
物語にもそれを適用して皆主人公のようなエピソードが満載。
これ連続ドラマで見たいですね。
どこかの局がドラマ化しないかな。
余裕で全11話可能でしょう。

敵役のファルコンズもパワーアップしてた。
勝てそうにないぞこれは。。と感じる強い感がとてもよかった。

試合シーンは何度も見たいですね。
監督の檄も仕事中にされたい。
捗りそうだからw

引退した後が長いとか第二の人生とか部外者は言うが、
当人にとっては第二のもクソもなく1つの人生。
ただ稀有な体験をしただけなのだ。
そう言える人生を送りたいものだと自分も思う。
ギラつくことも悪いことではない。
ただ純粋な想いなのだから。

即DVD予約してしまった。
というかもう1回、2回は観たい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

スポンサーリンク