So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

浮世企画「メッキの星」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4f0b.jpg
浮世企画公式サイトUKIYONLINE
https://ukiyokikaku.jimdo.com
それがまがいものでも 触れたら血が出る破片でも わたしは、欲しい。

被告人席でうつむき、何も語ろうとしないトレーナー姿にボサボサ頭の女。
佐藤美子。フリーター。容疑は詐欺および恐喝。
女は外見、出身、学歴、家庭環境、交友関係、嘘に嘘を重ねて生活していた。
次々と明かされるその“どうしようもない女”ぶりは、通りすがりの人にも拡散していく。
やがて女の恋人が法廷に現れたとき、女がはじめて自ら口にした秘密とは——

オシャレな暮らしを送る起業家から口座も作れない裏街の人間まで、
自分の望む自分を手に入れようと必死でもがく大人たちの、きっとどこにでもあるお話。
あなたは彼女に石を投げられますか?

評価は、星4つです。
★★★★☆

大輔役の人が裏表でバッチリ切り替わっていて凄いと思った。
知合いにも同じような人がああいう感じなんだよね。
それがとてもリアルだった。

人はヒトの話が大好きで、
そこに見栄や虚構が入って、リアルでもいいね!を求め始めるのかも。
主人公はまさにメッキの星であった。

ラストの解釈は色々あるのだろうが、
私は堕ちた星が再びメッキの星として輝いて、また同じループが始まるように感じた。
最初のシーンと最後シーンで皆が語る証言が、
証言されている対象が変わっていたのが、やられたと思った。
メッキの星とメッキ。両方同じなのだ。

姉は女神というか神だったのか。
板垣さんの本職振りがカッコよかった。
保健所とは流石です。
職業は人でなしだが、人としてはまとも。
職業は会社員だが、人としてはゲス。
どちらが人なのか。

罰を受けた者、何も変わらない者、救われた者、救った者。
この星の住人は愛しく、そして他人事には思えなかった。

自分のメッキは少しづつ剥がしたいものだ。
剥がしたあとの地金に光がなくても…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

TOKYOハンバーグ「KUDAN」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4ebf.jpg
TOKYOハンバーグTOKYOハンバーグ

被爆した牛たちは逃げた。何も知らない、わからない。
ただ、彼らの本能が人間たちから逃げることを選び、
辿り着いたのは小さな森だった。

そして、そこに暮らし始めた。
更なる放射能汚染など知る由もなく、
食べる物も選ばなくなり、
もう、牛肉として出荷されることも乳牛を迫られる事もない。
ある意味、牛たちにとっては幸せで、ありのままの姿だったのかもしれない。

ある牝牛が新しい生命を身籠っていた。
他の牛たちは小さな仲間の誕生を心から待っていた。
しかし、牛から生まれたのは牛の子ではなく…

人間の子だった。


評価は、星3つです。
★★★☆☆

まさかファンタジーが入ってるとは!
過去見た作品が地を這う感じでリアリティ路線なので、正直最初は戸惑いました。
中盤からは世界観が理解できて、集中出来ました。
人が何を棄て何を救うのか。
滅ぼし、救い、勝手なエゴに翻弄される動物たち。
そして人も…

牛と人の生命の誕生の対比が皮肉になり、より悲しさを導かれる。
罰というにはあまりにも辛い。
それでも生きていかねばならないので、希望を掴む手は下げないようにしたい。
勇気をもらった作品です。

人間の兄弟のパートが気に入りました。
地に足がついてる感がよかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『グリーン・マーダー・ケース』を観て [演劇]

1487726777457.jpg
monophonic orchestramonophonic orchestra

[新月]イントロダクション
1926年冬、ニューヨーク。世間を恐怖と好奇の渦に巻き込んだグリーン一家の殺人事件は、犯人の自殺で幕を閉じた。一家のほとんどが殺されたこの凄惨な連続殺人はようやく終わりを告げた。
半年後、犯人からの銃撃により意識を失っていた警官、サイモン・ブレイが長い眠りから目を覚ます。彼は事件の記憶をほとんど失っていた。病床の彼を地方検事ジョン・F・X・マーカムが訪れ、なんとかして記憶を取り戻してほしいと依頼する。なぜなら事件は、まだ終わってはいなかったから…。

古典ミステリの名作、S・S・ヴァン・ダインの著した『グリーン家殺人事件』を大胆にアレンジして戯曲化。事件から半年後のニューヨークを舞台に、解かれなかった謎に名探偵ファイロ・ヴァンスが再び挑む。

果たしてこの事件はもう一度、真相に辿り着くことができるのか。

評価は、星4つです。
★★★★☆

満席で押していたおかげで、なんとか最初から観ることが出来ました。
平日の観劇は大変ですね。個人的にですが(; ^ω^)
下北沢駅構内を走ったかいがあります。

登場人物が外国人で横文字の名前で、覚えるのが苦手なので、
最初は話が入って来ませんでしたが、
物語が進むにつれて、段々と引き込まれていって、とても楽しめた。

全ての殺人が館に繋がっていくのは、背筋がゾクッとした。
そして重なる過去も。

どこから呪いは始まったのか?
その呪いを解くのは死しかなかったのか?
そして探偵が暴いた罪の裁きを受ける人はいない。

美しき復讐の絵は完成された。見応えあった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

道産子男闘呼倶楽部「漢達の輓曳競馬」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4ed0.jpg
道産子男闘呼倶楽部道産子男闘呼倶楽部

評価は、星4つです。
★★★★☆

面白かった!
社会的立場は外と内なのに、実態の外と内は逆で、そんな2人の思ってることは同じなのが面白い。
「外」に出てるのに「外」に出てないのが深いです。
好きなものに囲まれてるのは幸せだよね。
そこから這い出すの辛いけど、、「外」は楽しいはず。きっと。

津村さん演じる金平の悲しいまでの嘘とプライドが共感出来るけど否定はしたい(笑)
情けない男を演じさせたら古今東西No.1ですよね(笑)
2万払うなら美味いラーメン食べようよと思います(キリッ)
犬飼さん演じる内藤も愛すべき馬鹿で2人が可愛く見えた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

松澤くれはプロデュース「わたしの、領分」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4ebb.jpg
舞台『わたしの、領分』
https://watashi-no-ryobun.themedia.jp
大学院を卒業し、都内の療育センターに配属されたばかりの心理士・萩野は、発達障害児を中心に面談を行っている。「いつか治りますよね?」「うちの子を障害者にする気か!」親たちは口々に言いながら、救いを求める眼差しを彼女へ向ける。認識の齟齬から生じる軋轢に悩みつつも、萩野は実直に、進むべき道を探してゆく。

 ある日。定期面談を終えたはずの青年が、センターにやってくる。勤務先での生活を嬉々として語る彼に、まとわりつく悪意の存在。青年が起こした傷害事件は社会を巻き込んだ「自閉症をめぐる問題」へと発展し、偏見と差別が膨らみ続けるなか、萩野は一人「こころ」と対峙する。

 世界のあいまいさを許容して生きるための。はるかから、わたしの物語。

評価は、星4つです。
★★★★☆

初演も観てたけど、再演はグッときた。
よりシンプルになってて心に沁みた。
岡村いずみさん演じる「はるか」は開場時から生きていて、
「はるか」はきっと胎内で客席の喧騒みたいな街や自然の音を聴いていたかなと。
正常異常の前に存在してたんだと感じた。

普通って何だ?先輩の口癖を思い出す。
健常と障害のラインは?
治る治らない?
曖昧が故になりたってる所にいるので、人は固定された答えにすがる。

「答えってあるのかな?」

最後にA君から名前が変化して答えになったかも。
でもそれは答えじゃないかも…

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

電動夏子安置システム「場違いの一日前」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4ea5.jpg
場違いの一日前場違いの一日前

例えばある研究者は、研究費を不正に使用していた。希望していた研究所に配属する事ができず、自分には全く興味のない分野に携わらなければならない事は苦痛であり、時間を無駄にしている事に虚しさ感じていたのである。もちろん、彼一人の力では無理であり協力者がいた。彼らはその不正が明るみに出る事がないように周到な証により内部調査が行われるに至る。彼にはどんな調査が入っても不審な点はもみ消せる自信があった。誤算だったのは、協力者だと思われていた奴が不正を調査するチームに抜擢された事である。というごくありふれた喜劇の典型があるとして。

例えば別の研究者は、同僚を殺したいほど憎んでいた。自分よりも劣っているにも関わらず、世渡りが上手いだけの男を元々好きにはなれなかった。それだけならば放っておけばいいだけの話だったが、自分の研究成果を横取りされた時点で彼の殺意は明確なものになった。かといってあの男の為に自分の人生を棒にふるわけにはいかない。その為に周到に準備をし、殺害計画を練り上げた。誤算だったのは、いざ計画を実行に移す段階に至り、すでにそいつが遺体となっていて、自分がその第一発見者となってしまった事であり、その後、周囲の疑惑の目が間違いなく自分に向いているという事である。というごくありふれた喜劇の典型があるとして。

例えばまたとある職員は職場の女と結婚の約束をしている。妻は仕事が忙しく家に帰る事も少なく、夫の二重生活に気付く事もなかった。もちろん、女の方も男が結婚していることなど知る由もない。妻と別れればいいかというと、落ち度のない彼女に莫大な慰謝料を払う必要があり、簡単な話ではない。では目の前の女と別れればいいかというと、自分はその父親の力で今のこの役職に就いていられる為、やはり簡単な話ではない。彼としてはできればこのまま目の前の問題に目を瞑ってやり過ごしたかった。誤算だったのは、研究者である妻が新しくこの研究所に配属されてしまったことである。というごくありふれた喜劇の典型があるとして。

これらの問題がある日、一気に露呈してしまう事になる。
その日起きた出来ごとは悲惨の一言につき、それぞれの日常は崩れ去った。不穏の前兆はその前日からあった。あの時の自分の立ち振る舞い次第で、今日のこの状況は避けられたのではないか。事態の打開が不可能だと悟った時、彼らは自分たちの運の無さを嘆くと同時に、せめて「一日前」に戻って、問題の種を取り除きたい。というごくありふれた喜劇の典型を思い浮かべるのである。

そもそもこの場所で何が研究されていたかというと、量子的重なりを利用した転送すなわち、テレポーテーション(転送装置)の実験である。そんな空想のような事が可能なのかと問われれば、理論上では不可能ではないが、かといって近い将来実用に耐えうるのかと問われれば、まだまだ空論でしかない。とはいえ、この研究に取り組む女性研究者は基礎的な実験に成功した。いや、成功したとそう本人が言っている。関係者が見守る中、再現実験が行われたが、失敗に終わる。彼女によると実験は200回以上成功しているそうなのだが、他にそれを確認した者はいないし、実験ノートもどこかおかしい。周囲の失望と疑惑を他所に、彼女は確信している。だって昨日も成功しているのだから。「一日前」をもう一度皆に目撃してほしい。
   
そう、「一日前」に戻れれば。
   
ごくありふれた喜劇の典型の数々は、ちょっとした時空の歪みで、場違いな喜劇へ生まれ変わる。

評価は、星4つです。
★★★★☆

大野泰広さん客演なのね。
真田丸の河原綱家役の人ですよね。

それにしても、まさか電夏で胸が熱くなるとは(笑)
あの研究者たるものを説くシーンは良かった。
なんにせよ矜持って奴は素晴らしい。
そのあとでまたなぞるのは電夏らしいです(笑)

序盤は静かな立ち上がりで、ハッピーシステムの効果判定を疑う感じでしたが(笑)
中盤から序盤の伏線がジワジワときて笑いました!

ラストのスキャナーの精度の悪さはウケました。
日替りなのかな?
もし毎回明治大帝なら贅沢な使い方!
あと前回公演で持ち帰ってしまったペンを返すのを忘れてしまった(^^;
1日前に戻って取りに帰るか、複製したものを次回公演に持っていくかですな。

大野さんと道井さんは全く別人の筈なのに妙にシンクロしてるのが、
実に面白い。
この微妙のズレ感がいいんだね。タクシー運転手の話も。

ハッピーシステムはこれからもやって欲しい。
やはりスタートダッシュが効くと思ってる。
立ち合いは大事だからねw

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

アガリスクエンターテイメント「時をかける 稽古場2.0」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4e9d.jpg
時をかける稽古場2.0 特設ページ – アガリスクエンターテイメント第23回公演『時をかける稽古場2.0』の特設ページ時をかける稽古場2.0 特設ページ – アガリスクエンターテイメント第23回公演『時をかける稽古場2.0』の特設ページ

あらすじ

超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」は、勝負をかけた公演を二週間後に控えながら、台本が1ページも無いという危機に瀕していた。

ある日、稽古場にて偶然タイムマシンを発見した劇団員達は起死回生の策を思いつく。

それは「稽古最終日まで行って、完成したあとの台本を取ってくる」というものだった…!


評価は、星4つです。
★★★★☆

初めて観る団体です。
初演の「時をかける稽古場」が話題になっていたので気になっていました。
Twitter上のTLでハッシュタグやフォロワーさんが褒めていたので、
観ることを決めました。

面白かった!
時のかけ方になるほどと唸りました。
そうきたかと!
ネタバレな感想しか書けないのが残念(笑)

「可能性」の物語は観た後に元気を貰えますね( ^ω^ )
それにしてタイムマシンがバミリとは!(笑
この発想は新しい!

笑って笑っていたら、まさか泣ける展開になるとはね。
ハマカワ役の人が印象に残りました。
シム役の人は好みでした。

次回公演も観に行こう!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

日本のラジオ「ラクエンノミチ/ボディ」を観て [演劇]

img_99cad648d83730e840e698d094569d7c.jpg
日本のラジオ日本のラジオ

愛も 暴力も
ふいにあらわれ
いつのまにか去っていた


幼馴染2人の経営するファッションヘルス、そこに集まる人間たちの、ちっぽけな日常 ――ラクエンノミチ

チョコレート工場に勤める孤独な男の、死体処理の一夜 ――ボディ

理不尽な片想いをし続けた男たちの短い物語。

日本のラジオのビザール・ボーイズ・ラブ、2本同時再演。

評価は、星5つです。
★★★★★

「ボディ」
チラシの男達の片思いの物語というキャッチを鵜呑みにしてたら、ガツンと頭を殴られた。
この愛の想いは「片」思いにしかならない。
というか愛が欠片なのだから…
見た後の夕飯を考えた方がよい。
けんちん汁とかにしなさいよ。
うんこ太郎
浅田鎮歩
勃起崎鋼太
栗林まんぞう
(以上、劇団どろんこプロレス)

それにしてもボディ出演者の俳優さんの名前が声に出して言えないw


短編2本の公演なので、合間にトークイベントがあったので、参加しました。
トークのゲストはチラシのデザイナーの郡司龍彦さんでした。
チラシのデザインを進めていく方法に関して質問があって、
作演出の屋代秀樹さんから、公演の大まかな話やキーワードを聞いて、
いくつかのパターンのチラシをデザインして屋代さんに決めてもらうとのこと。
あくまで公演前の情報で作成するので、公演を観て答え合せになるとのこと。
日本のラジオのチラシは好きなのですが、デザイナーさんがキチンとしてるからなんだとわかりました。
今回は再演なので前回のデザインを活かしたということなので、
前回の両方のエキスが入っている今回のチラシのポイントがわかってよかった。

「ラクエンノミチ」
巡る片思い。
行き着く先は楽園だったのか…
ヤクザの篠原さんの怖さは異常。
でも本当の怖さって、あの感じだよね。
店長が武田さんに何でお店にまた来れるの?と言っていたが、
それは全員に言いたい。
最後の血のバットが語る呪いのような連鎖。
この誰も繋げなかった幸福のバトンの行方はどこにあったのか。


両作品共結末を知ってから見るとまた違った発見があるかも。
何度見ても飽きない構成になっていると思います。
そして両作品のリンク具合もね。
そう考えると破滅の引き金はどこで引かれたのか。
その引き金が引かれなかったとしたら、
あの余生のような日常が続いていったのだろうが、
それは楽園の道だったのかは、誰にもわからないし、
当事者にはわかっているのだろう。

相変わらず終演後の拍手のタイミングがわからない。
あの独特な後味の苦さは日本のラジオを見るのが4回目の公演だが癖になる。
前説の適当さもね。
作演出の人が結婚したというが、2人で悪い事するためじゃのと疑ってしまう。
(公安はすぐに子供を誘拐していないか確認すべきw)
そして毎回、周波数が違うまたは狂ってしまいそうになる作品が凄い。
面白かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団だるめしあん「ひとごと。。」を観て [演劇]

IMG_1784.jpg
劇団だるめしあん オフィシャルサイト劇団だるめしあん オフィシャルサイト

2016年、地元で大きな地震があった。
元彼が、死んだらしい。
すごく、慌てた。

でも家族も無事だったし、友人もみんな生きていた。 そして、だんだん報道もなくなって、1年経たないうちにあっという間にひとごとになった。だって結局遠くの地元より、目の前の仕事や恋愛のほうが大変だ。 それでいい。とはおもわない。でもだからって一体どうしたらいいんだろう。

東京に住んで16年目、地震で死んだ16歳の頃の恋人とともに模索する
自分と他人の境界線の話。


「射精するみたいに、泣きたいなー。」

評価は、星4つです。
★★★★☆

だるめしあんは3回目の観劇となります。
過去見た中で今作品が一番好きかも。

当事者だけが分かる心情。
未経験のイマジネーションは遠くに及ばない現実。
全ては人ごとなのかも。
自分を語れるのは生きているものの特権。
語れない先輩の想いの行き先は何処か…
まさか、だるめしあんでしっとりするとはw

千秋役の河南さん、大塚役の坂上さん、
先輩役の柳内さん、梢役のもなみさんが印象に残った。
あとラストシーンもね。
途中の群像シーンのダンスのようなところも印象的でしたね。
あとSNSをモチーフにしたリアル呟きも。
音声にしたらこんな感じだろうとね。
東日本大震災では私は帰宅難民になって、
その際にツイッターのつぶやきの情報で助かったのですが、
どこか一体感があって盛り上がった感があったのだと、
劇中のシーンから改めて気がついた次第です。

あと最初にまだ始まってませんと自分語りから入るのは時間堂のローザを思い出した。
それにしてもやっぱりエロはあったけど控えめ…だったのかなw

終演後、初日乾杯でビールにありつけました。
申し訳ない!
アフタートークで脚本の坂本さんとオノマリコさんが、
オナニーについて語るのが中々の趣向でしたw
オナニーは自己完結。
なるほどね。
他人も自己も完結が不要となった人はどうすればと質問すればよかったかも(・ω<)

心残りは舞台の上の写真を見て帰ればよかった。
舞台の写真は熊本の震災の写真もあったらしいのでね。

佐々木俊尚著「当事者の時代」を思い出しつつ、
部外者が悲劇・怒りに憑依すること、
人ごとにすることしないことの是非について考えた。

あと坂本さんが振り返った日記の販売を待ちつつ帰路につく。
面白かった!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

冬の夏葉亭"こたつ"会 〜夏葉亭馬鈴薯プロデュース〜を観て [演劇]

IMG_1685.jpg
冬の夏葉亭冬の夏葉亭"こたつ"会 〜夏葉亭馬鈴薯プロデュース〜 (2017.1.30更新): 夏葉亭一門公式サイト

夏葉亭光苔 【known as熊野善啓(劇団チャリT企画)】
「庖丁」
枕から面白かった。
生えることは素晴らしいと思います!
私は最近は干ばつが続いているので困ります(笑)
雨季は来るのでしょうか…

別れるためにそんな仕掛けをするとは、
昔から男はどうしようもないですね!
今なら女性側から仕掛けそうですが(^^;


夏葉亭ミント【known as 小口ふみか】
「動物園」
新作落語ですかね。
ミントさんは鮮やかなミント色の着物で見た目も可愛くて楽しかったです。
ラストの虎とライオンで、食われちゃうんじゃないのとかヒヤヒヤしましたが、
オチに笑わせてもらいました。


夏葉亭夕顔 【known as岡本篤(劇団チョコレートケーキ)】
「厩火事」
師匠の登場です!
枕も早々に本筋へ。
妻の心配事の飛ぶこと飛ぶこと、兄さんも相談に答えているのにコントになるのは、
女性はアドバイスでなくて同意を求めているんだなぁと思ったり、
オチは秀逸でした。
金さえあればw


夏葉亭大根 【known as鍛治本大樹(演劇集団キャラメルボックス)】
「小間物屋政談」
まさかの大岡越前のお裁きに第2の声が聞こえるとはw
前日まで本番公演をしていた夏葉亭大根さん。
役者さんは凄いですよね。
記憶力はんぱなーい。
丸く収まるとはいえ幸せってなんだろうとふと思った。
金だなw


初めての落語でしたし、初めての夏葉亭でした。
俳優さんが演じる落語面白かった。
本家の落語家の話も気になりますね。
今度寄席に行ってみようかな。

あと次回の夏葉亭も行きたいね。

落語は元祖一人芝居ですからね。
落語って。
面白い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

スポンサーリンク