So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサーリンク

NHKスペシャル 追跡「イスラム国」を見て [ドラマ・テレビ]

NHKスペシャル|追跡 「イスラム国」NHKスペシャル|追跡 「イスラム国」

欧米だけでなく、日本も標的にした、イスラム過激派組織「イスラム国」。組織を率いる、謎の指導者アブバクル・バグダディ容疑者とは、一体何者なのか。イラクとシリアにまたがる地域で、どのようにして勢力を拡大し、世界中から戦闘員を集めていったのか。NHKは、イラクと周辺諸国、アメリカとヨーロッパ、さらにアジアで、バグダディ容疑者を知る人物や「イスラム国」元戦闘員、アメリカ政府元高官ら100人を取材。浮かび上がってきたのは、バグダディ容疑者がアメリカのイラク中東政策の隙をついて、過激派のネットワークを築き、豊富な資金源を獲得していった詳細な手口と、世界中に影響を及ぼす巧妙なメディア戦略の舞台裏だった。最前線の現場への取材から、国際秩序を揺るがす「イスラム国」の知られざる実態に迫る。

日本人の処刑がなければ、
イスラム国なんて興味も湧かなかっただろう。
この番組を見て、遠くで起きている事象でなく、
すぐ近くで起こりえる事象と認識しました。
これはかなり危険です。

イスラム国はイラクとシリアだけの問題ではない。
ネットと宗教を元にした繋がりで、
全世界的にシンパがいる。
ということは全世界でテロが実行可能と言うことだ。

フランスやオーストラリアもイスラム国から入国した人が、
テロを起こした訳でない。
現地のシンパが起こしたのだ。
日本は?
来年サミットがある。
そしてオリンピックがある。
別に今回の事件がなくても、
標的になり得るのだ。
それが早まっただけである。

不謹慎だが面白いと感じたのは、
イギリスでイスラム国の団体組織が、
公然と存在して、メンバーを勧誘していることだ(笑)
実に面白い。

街でデモ行進して、演説してシンパを集めている。
民主主義国家の懐の深さと、
自由の凄さを感じました。

勧誘されてメンバーになるのは、
移民や若者であり、
両者に共通するのは居場所のなさと、
格差です。
日本は移民が居ないので、
若者の貧困が深刻になれば、
シンパが増えるかもしれない。

イギリス人のメンバーの若者が、
イスラムをバカにするものは殺して構わないと発言するのを聞くと、
この組織とは分かり合えないのかなと思ったりしました。
極左も世界共産主義を目指して、
活動して、それを実現するために政府を打倒する武力闘争を行い、
それ故に民意を失い、民を救うためだったのに、
その民に怒りを向け、組織内に怒りを向け、
内ゲバして(山岳ベース事件)、破滅への道を進んだ、
日本の極左を思い出しました。

社会から拒絶された者達は、
その拒絶した世界を攻撃します。
オウム真理教しかり。

イスラム国も有志連合による空爆で、
大分勢いがそがれてきました。
ですが少年兵を拉致して編成して、
自爆攻撃を行っています。

今後は世界各地で同様の事が起こるのでしょう。
場所でなく思想で繫がった組織なので、
それを根絶するのは非常に大変な闘いなのではと思います。

ただ移民や若者の貧困。
居場所の問題と実は不況や経済格差から生まれる問題とも
とれるので、各国が上手く政策を行えば、
根絶できなくもないと思いました。

そういった意味では、
安倍首相が行おうとしている人道的支援は間違っていないかもしれません。
イギリスやフランスなど欧米諸国には、
貧困対策をもっとやって欲しいと思ったり。

この闘いはとても長くなると思いました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク