So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサーリンク

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観て [映画]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4ec5.jpg
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト

解説
士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を、ハリウッドで実写映画化。オリジナル作品の草薙素子に相当する主人公の少佐を、「アベンジャーズ」「LUCY ルーシー」などアクション映画でも活躍するスカーレット・ヨハンソンが演じ、少佐の上司・荒巻に、映画監督として世界的評価を受けるビートたけしが扮する。そのほか、少佐の片腕バトー役でデンマーク出身の俳優ピルウ・アスベック、テロ事件を企てる謎めいた男クゼにマイケル・ピット、オリジナルキャラクターのオウレイ博士役でフランスの名女優ジュリエット・ビノシュらが出演。監督は「スノーホワイト」のルパート・サンダース。日本語吹き替え版には田中敦子、大塚明夫、山寺宏一というアニメ版の声優が起用されている。脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された、公安9課最強の捜査官・少佐は、全世界を揺るがすサイバーテロ事件を発端に記憶が呼び覚まされるが、そこには驚くべき過去が隠されていた。


+V0arkE7SjS5uvWrkIsSug_thumb_4ec7.jpg
シネマサンシャイン池袋で見たのですが、
吹き替え版の田中敦子さんのサインが飾ってありました。

ahgbMBenRySI1Hy3Ja4VlA_thumb_4eca.jpg
ビートたけしさんや海外キャストのサイン。
どれがビートたけしのだろうと小一時間考えましたがわかりませんw


ビートたけしは吹替なし。
桃井かおりが出演していて驚きました!
桃井かおりは別の人で吹替あり。

荒巻自身が攻勢する組織w
アウトレイジやで(笑)
ビートたけし無双です。

映画版やアニメ版のオマージュが多く、押井守風なカットも多かったです。
これは押井守が監督しても良いと思ったが、
きっと川をボートで下るシーンが10分超えるので却下されるだろうw

少佐、バトー、トグサがオリジナルキャストだが、
その声を聞くだけで攻殻機動隊と認識されるのは脳がウイルスに侵食されているからか、
それとも人の記憶とはそんなものなのか。
なんか映画と繋がっていて面白い。
アライズと同じと思えば良い実写版でした。

クゼもオリジナルキャストでしたね。
あとトグサの拳銃がリボルバーだったので安心しました(笑)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク