So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポンサーリンク

「ドアを開ければいつも」を観て [演劇]

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_565c.jpg
ドアを開ければいつもドアを開ければいつも

Story

母の七回忌前夜、
久々に四姉妹が実家に集まった。
二児の母となった長女。
実家に残り父と暮らす次女。
自由奔放な三女。
念願の一人暮らしを始めた四女。
数年ぶりに揃った四人の話は尽きない。
いつもそこにあった風景は、
今も変わらずそこにある。
ただ少しだけ、
それぞれの抱える"何か"
によって違って見える、
そんな一夜の四姉妹の物語。

ほのぼの4姉妹の日常から、徐々に不穏になってく様が凄く描かれていた。
肉親で姉妹であるが故に、またある種の遠慮があり本音を隠す。
母親の7回忌に集まって、衝突する姉妹。
そこから雪は降り止んだのか。

さとうほなみさんこと、ゲスの極み乙女のほないこかさんが出演してたのですね。
全くそんなこと感じない女優さんだと思っていました。

父は酷いかも知れませんが、
彼は彼なりに母を愛していた。
そんな姿は姉妹は見ることなく、
姉妹間のわだかまりは溶けたけど、
親子のわだかまりは溶けないままなのが、
悲しいが、それが日常で「ドアを開ければいつも」のことなのだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

スポンサーリンク